母子家庭や父子家庭、寡婦家庭のための資金を借りるには

 母子父子寡婦福祉資金は、母子父子寡婦家庭の経済的自立の助成と生活意欲の助長を図り、併せてその扶養している児童の福祉を増進するために、児童の就学や住宅の新築などに必要な資金を貸付する制度です。 

資金を受けることができる人

 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子(母子家庭の母)や配偶者のいない男子(父子家庭の父)、かつて児童を扶養したことのある寡婦、父母のない20歳未満の児童、母子家庭の母が扶養する児童、寡婦が扶養する子などです。

資金の種類

 修学  :高校、大学等での修学に必要な資金。(授業料・書籍代など)
就学支度:小学校や中学校、高校、大学等に入学するために必要な資金。(入学金・被服代など)

事業開始:事業を開始するために必要な資金。
事業継続:事業を継続するために必要な資金。
技能習得:事業を開始し、又は就職するために必要な知識・技能を習得するために必要な資金。

修業  :児童(子)が事業を開始し、又は就職するために必要な知識・技能を習得するために必要な資金。
就職支度:就職するために必要な資金。(被服・履物など)
生活  :知識技能を習得する間、医療介護を受けている間、母子家庭となって7年未満の母、または失業期間中の生活を安定・維持させるために必要な資金。

医療介護:医療又は介護を受けるために必要な資金。

住宅  :住宅の補修・増改築・新築・購入等に必要な資金。
転宅  :住宅を移転する際に、敷金等の貸借に必要な資金。
結婚  :児童(子)の婚姻に際し必要な資金。

 

お問い合わせ先

 山鹿市役所 福祉援護課 児童家庭係 43-0052

お問い合わせ先

福祉援護課

TEL:
(障がい福祉係)0968-43-0052 (児童家庭係)0968-43-0052
Mail:
fukushiengo@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?