山鹿市歴史的風致維持向上計画

山鹿市歴史的風致維持向上計画


 地域におけるその固有の歴史及び伝統を反映した人々の活動とその活動が行われる歴史上価値の高い建造物及びその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地の環境の維持及び向上を図ることを目的とした「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」が平成20年に施行されました。これを受け、山鹿市においてもこの歴史まちづくり法の趣旨にのっとったまちづくりを推進するために、「山鹿市歴史的風致維持向上計画」を策定し、国の認定を受けました。
 この計画は、九州の市町村で初めて認定を受けたもので、菊鹿古代の里地区と山鹿湯のまち地区という2つの重点区域を設けていることが主な特徴です。

◇「歴史まちづくり」について詳しくは 
 
国土交通省歴史まちづくりのページ (外部へのリンクです。)

◆計画策定の背景と目的

 

 山鹿市には、中央部を流れる「菊池川」の恵みにより、国指定史跡である「方保田東原遺跡」、「チブサン・オブサン古墳」、「鞠智城跡」など古代ロマン溢れる歴史資源が点在する一方、菊池川の水運と温泉の恵みによって、早くから商都として、また温泉宿場地として発展してきた経緯があります。こうした背景の中で、ここに暮らす市民の生活様式と住環境は代々受け継がれながら独自の地域文化を形成し、色々な祭礼行事として残っています。
 しかし、少子高齢化や過疎化の進行は、地域力を衰退させ、伝統文化やコミュニティの維持にも影響を及ぼすおそれがあると指摘されており、こうした状況下で山鹿市が発展を続けるためには、歴史・文化・景観などを大切するまちづくりに一層重点的に取り組むことが不可欠となっています。

 そこで、山鹿市では、当市固有の歴史的な風致の維持及び向上を図るとともに、山鹿市の豊かな歴史文化資源を生かしたまちづくりを集中的に進める上でのベースプランとして「山鹿市歴史的風致維持向上計画」を策定しました。

 

◆「山鹿市歴史的風致維持向上計画」の概要

 

 

計画期間

 

 

平成20年度~29年度まで(10年間)

 

歴史的風致の維持向上に関する方針

 

 

()

山鹿市の概要

 

 

()

山鹿市の文化財等

 

 

()

維持向上を図るべき山鹿の歴史的風致

 

 

()

山鹿市の歴史的風致を取り巻く現状と課題

 

 

()

各種計画との関連性

 

 

()

歴史的風致の維持及び向上に関する方針

 

 

()

計画の推進組織体制

 

重点区域の位置及び区域

 

 

「菊鹿古代の里地区」と「山鹿湯まち地区」の2箇所

 

歴史的風致の維持向上に必要な事項

 

 

()

文化財の保存又は活用に関する事項

 

 

()

歴史的風致維持向上施設の整備又は管理に関する事項

 

歴史的風致形成建造物の指定の方針

 

歴史的風致形成建造物の管理の指針となるべき事項

 

◆計画の詳細については以下の各資料をご覧ください。

「山鹿市歴史的風致維持向上計画」(pdf7.48MB)

「山鹿市の維持向上すべき歴史的風致」(計画概要2ページ版)(pdf1.00MB)

「山鹿市歴史的風致維持向上計画概要版」(全11ページ)(pdf0.98MB)

◆山鹿市歴史的風致維持向上計画の進行管理・評価について

  山鹿市歴史的風致維持向上計画の進行状況と、これに基づく事業の評価を実施しましたので、公表いたします。

「平成26年度 山鹿市歴史的風致維持向上計画の進行管理・評価シート」(pdf1.76MB)

-お問い合わせ-
都市計画課
Tel 0968-43-1591
E-mail toshikei@city.yamaga.lg.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?