子宮頸がんワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて

子宮頸がんワクチンの予防接種については、積極的な接種の勧奨は控えることとなりました。

 子宮頸がんワクチンにつきましては、平成25年4月1日から、予防接種法に基づく予防接種(定期の予防接種)として実施していますが、平成25年6月14日、厚生労働省で開催された会議において、ワクチン接種と副反応の因果関係を否定できない持続的な痛みがワクチン接種後にみられたことから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。

 このような厚生労働省からの通知に従い、山鹿市におきましても定期予防接種の中止ではなく、積極的な接種の勧奨を当面、控えることとなりました。

 接種ができないわけではありませんが、接種をされる際、その有効性と接種による副反応が起こりうるリスクを十分に理解されたうえで受けるようにしてください。詳しくは、子宮頸がんワクチンのリーフレットをご覧ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

健康増進課

TEL:
0968-43-0050
FAX:
0968-43-1164
Mail:
kenkoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?