平成30年度 給与支払報告書の提出について(事業者の皆様へ)

給与支払者の皆様には、平成29年中に支払いが確定した給与の受給者について、

給与支払報告書を作成し、市町村に提出していただく必要があります。

提出期限は、平成30年1月31日(水) までとなっていますので、

早めの提出にご協力をお願いいたします。

 

提出していただく給与所得者の範囲

 平成30年1月1日現在、山鹿市に住所を有する方で、平成29年中に給与を支払った

 従業員等について、支払った額や在職、退職にかかわらず提出する必要があります。

 ※確定申告をされる予定の方、収入が2,000万円を超える方、役員報酬の方、

 パート・アルバイトの方、乙欄の方、年末調整未済の方、中途退職された方も含みます。

 

提出先

〒861-0592 熊本県山鹿市山鹿987番地3

山鹿市役所 税務課 市民税係

 

総括表

山鹿市作成の総括表を、給与支払報告書(個人別明細書)の上につけて提出してください。

総括表は、12月上旬にお送りします。総括表がない場合は、税務課までご連絡いただくか、

下記のデータをダウンロードしてご利用ください。

給与支払報告書(総括表)と普通徴収申請書は、中央を切り取ってご使用ください。

 

給与支払報告書(個人別明細書)

給与支払報告書(個人別明細書)は、1人につき1枚提出してください。(山鹿市は副本の

提出は不要です)

 給与支払報告書(個人別明細書)の用紙は、最寄りの税務署窓口で交付を受けてください。

 

普通徴収申請書

徴収区分の誤りを防ぐため、次の理由(A~E)に該当し、特別徴収ができない方がいる場合は、

普通徴収申請者の給与支払報告書(個人別明細書)摘要欄に、必ず下記略号A~Eを記入し、

「普通徴収申請書」を給与支払報告書(個人別明細書)の上につけて提出してください。

なお、理由D・Eについては、特別徴収とすることもできます。

 

◆普通徴収申請理由

 A:退職者又は退職予定者(5月末まで)

 B:他の事業所で特別徴収の方

 C:毎月給与の支給がない方(休職含む)又は給与が少なく

   (年間支給額が93万円以下)税額が引けない方※

 D:個人事業者の事業専従者

 E:受給者総人員が2人以下

※平成30年度から普通徴収申請理由のC欄に「給与が少なく(年間支給額93万円以下)

税額が引けない方」を追加しました。(山鹿市では、年間支給額93万円以下の場合、

翌年度の市県民税は非課税となり、特別徴収税額が発生しません。)

 

普通徴収申請書の提出がない場合は、特別徴収対象者として取り扱いますので

ご注意ください。また、提出される際は、下の図のとおり一束にして提出してください。

 

 

 

提出時の本人確認

番号法の施行により、個人事業主の方については、給与支払報告書の提出の際

事業主ご自身(支払者)の本人確認が必要になります。

詳しくは下記資料「個人番号(マイナンバー)の取扱い」をご覧ください。

 

その他

給与支払報告書を提出した後に、退職・転勤等があり徴収方法が変更になった場合は

速やかに特別徴収異動届を提出してください。

光ディスク等やeLTAXで給与支払報告書を提出される場合は、普通徴収申請書の提出は

必要ありません。しかし、給与支払報告書(個人別明細書)の摘要欄に、該当する略号

(上記A~E)を必ず記入してください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

税務課 市民税係

TEL:
0968-43-1120
FAX:
0968-43-1170

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?