野生鳥獣肉(ジビエ)による食中毒について

 

 他県の飲食店において、加熱不十分な「熊肉のロースト」を喫食したことによる旋毛虫(トリヒナ)食中毒が発生しました。下記について注意しましょう。
                 
   市民の皆様へ
  野生鳥獣肉は様々な病原体を保有しています。食べる時は,中心部までしっかり加熱しましょう!!


◆野生鳥獣肉を原因とする主な食中毒◆
【E 型肝炎】
 原因食品:シカ,イノシシなどの肉
 潜伏期間:6週間程度
 症 状:黄疸,発熱,嘔吐,全身倦怠感など
 劇症肝炎を発症すると死に至る場合も
 予 防:十分な加熱
【腸管出血性大腸菌】
 原 因:シカなどの肉
 潜伏期間:2~7日程度
 症 状:発熱,激しい腹痛,水様性の下痢,血便など
 子供やお年寄りは特に注意
 予 防:十分な加熱

    食品等営業者の皆様へ
野生鳥獣肉を提供・販売する場合は,以下のことを守りましょう
○食品衛生法に基づく食肉処理業の許可施設で解体されたものを仕入れる
○十分に加熱し,生食用としての提供・販売は絶対にしない
○野生鳥獣肉を販売する場合は,鳥獣肉の種類や加熱用である旨を表示する
○野生鳥獣肉の処理に使用する器具などは,洗浄・消毒を徹底する
 

    食中毒予防の三原則は
      食中毒菌を「付けない,増やさない,やっつける」 です
 

○食品に食中毒菌を付けない ― 清潔
・調理前には手を良く洗いましょう
・使用後の調理器具等は十分に洗浄・消毒しましょう
○食中毒菌を増やさない ― 冷却・迅速
・生鮮食品は10℃以下で保存しましょう
・調理したものは速やかに食べましょう
・長時間の室温放置は避け,速やかに冷却しましょう
○食中毒菌をやっつける ― 殺菌
・中心部まで十分に加熱しましょう


厚生労働省HP(野生鳥獣に関するページ)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032628.html
 

お問い合わせ先

健康増進課

TEL:
0968-43-0050
FAX:
0968-43-1164
Mail:
kenkoh@city.yamaga.lg.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?