麻しん(はしか)に注意してください【注意喚起】

麻しん(はしか)患者の増加に伴う注意喚起について

  平成30年3月沖縄県内で海外からの旅行客が麻しんと診断され、この患者と接触された方を中心に麻しん患者の発生が続いています。

 麻しんは感染力が強いため、大流行を引き起こす恐れがあり、厚生労働省は広く注意喚起を呼びかけています。

 流行地域へ行く際には、予防接種を検討することをおすすめします。

 麻しんは潜伏期間が10日ほどありますので、流行地域などで麻しん患者と接触した可能性があり、発熱、風邪症状、目の充血等、麻しんを疑う症状が出た場合は、受診前に医療機関へ連絡し、ご相談ください。 


 

麻しん(はしか)とは、どんな病気?

 麻しんは感染力の強い病気で、麻しんウイルスが咳やくしゃみなどで細かい唾液とともに空気中に飛び出し人に感染します。

 潜伏期間は、10~12日と言われています。38℃以上の熱が出て、咳や目の充血などの風邪症状を伴います。2~3日すると熱はいったん下がりますが、すぐに前より高い熱が出て頬の内側に「コプリック斑」という特徴的な発疹が現れます。10~12日で良くなりますが、肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。

 

 海外渡航予定の方へ


1.麻しんにかかったことが明らかでない場合、渡航前には、麻しんの予防接種歴を母子健康手帳などで確認し(※)、2回接種していない場合は予防接種を検討しましょう。

 ※麻しんの既往歴や予防接種歴が不明な場合は抗体検査を検討しましょう。

 

2.帰国後には、2週間程度は麻しん発症の可能性も考慮して健康状態に注意するようにしましょう。

 

 

 麻しんリーフレット(厚生労働省): 「麻しん(はしか)」は世界で流行している感染症です。

 

 

お問い合わせ先

健康増進課

電話番号:
0968-43-0050
ファックス番号:
0968-43-1164
メールアドレス:
kenkoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?