議会のしくみ

市民・市議会・市長の関係

 市役所は、まちづくりや福祉、教育、道路、上下水道など市民生活に関わるさまざまな仕事をしています。こうした仕事が、市民にとって快適で住み良いまちづくりにつながっていくためには、市民ひとりひとりが自分たちで考え、自分たちの手で実行していくことが大切です。しかし、市民すべてが集まり、市政の進め方を話し合うことは困難なため、市民の代表である市議会や市長が中心となって市政を運営していきます。市議会は、市長あるいは議会から提出された条例、予算などを審議し、市政のあり方などを決定します。市長は、市議会の決定に沿って施策を実施します。市議会と市長は独立した立場で、お互いにけん制・協力しあいながら、より良い市政の実現を目指します。

 

 市議会は、市長あるいは議員から提出された条例、予算などを審議し、市政のあり方などを決定する機関です。 

 

 市議会のしくみ

 議会は、年4回の定例会(3月・6月・9月・12月)と必要に応じて開かれる臨時会があります。

  議案について、市長または議員から本会議に提案されます。また、請願や陳情については、住民または法人等から提出がある場合、同様に本会議に提出されます。本会議では、開会後に会期の決定を行い、上程された議案の提案理由の説明が行われます。その後は、議員から議案に対する質疑並びに行政全般に対する一般質問が行われます。委員会では、本会議に上程された議案の負託を受け、専門的に審査を行い、委員会としての可否を決定します。委員会閉会後に再び本会議において、委員会で審査された結果などの報告を受け、質疑並びに賛成・反対の意見を述べる討論を行います。その後、採決を行い、市議会の最終的な意思決定をして閉会に至ります。閉会後は、採決結果を市長及び関係機関へ、請願や陳情があった場合は、提出先に結果を通知します。市長はこれをもとに仕事を進めていきます。

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?