山鹿市男女共同参画推進条例を施行しました!

 

 男女が互いの人権を尊重し、性別にとらわれることなく、その個性と能力を発揮できるという「男女共同参画社会」の理念は、市の施策全体に影響を及ぼす根幹となるものです。男女共同参画社会の必要性を市民の皆さんに理解していただき、その方向性を示して施策に取り組むために本条例を制定しました。本条例は、平成18年9月25日公布、平成18年10月1日施行となっています。

  本市では、個人の尊重と法の下の平等の理念にのっとり、男女共同参画の施策を進めてきましたが、男女の生き方に影響を与える性別による偏った見方や慣習等が未だに残り、真の男女平等への課題となっています。また、少子高齢化など社会経済情勢の変化に対応するため、男女が共に支え合い協働していく事も求められています。

 本条例では、6つの基本理念を定め、市と市民と事業者等の責務を明らかにし、施策の基本的事項を定めることで、総合的かつ計画的に男女共同参画社会の形成を進め、課題の解決と山鹿市の将来都市像の実現を目指します。

 条例は、前文と4章20条の条文、附則で構成されています。特に、条例導入部分の「前文」では、市民の皆さんへ現状や男女共同参画の趣旨を説明し、意識の浸透を図るものです。

 また、この条例の策定にあたっては、市民の代表である「山鹿市男女共同参画社会推進懇話会」でご検討いただくとともに、「広報誌」や「ホームページ」で素案を公開し、パブリックコメントをお寄せいただくことで、住民参加の条例となるよう努めてまいりました。市民の皆さんのご協力ありがとうございました。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

人権啓発課

電話番号:
(啓発管理係)0968-43-1199 (男女共同参画推進室)0968-43-1199
ファックス番号:
0968-44-0373
メールアドレス:
jinken@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?