山鹿市ブロック塀耐震化等支援事業

危険ブロック塀の撤去等を補助します!

 

令和元年10月から令和2年12月までの事業となります。

申請をお考えの方はなるべく早くご相談ください。

申請受付は先着順となります。なお、予算に達し次第

今年度の申請受付は終了させていただきます。

 

●募集期間(今年度募集)

令和元年 9月17日(火)から

令和元年12月27日(金)まで

(土・日・祝日除く)

《条件》 

令和2年3月31日までに実績報告(工事が

完了し、補助金の請求ができる)を行うこと

 

●補助となる通路 

 ・国道、県道又は市道

 ・山鹿市教育委員会が指定する通学路

 ・市長が避難上必要と認める通路

 ・建築基準法(昭和25年法律第201号)第42条(第1項第1号を除く。)に規定する道路

 

 

●補助対象者                      

・土地の所有者、占有者、占有予定者であること

・占有者等は所有者の同意を得ること

・市税等の滞納がないこと

 

 

●補助事業 

・既存危険ブロックの撤去のみ

・既存危険ブロックの撤去かつフェンス等の新設

 

 

●補助対象ブロック塀等 

・一般の交通の用に供される道路に面したもの

・道路面からの基礎、擁壁等を含めた高さが80㎝以上あるもの

 ・ブロック塀等自体の高さが60㎝以上あるもの

 ・地震時発生時に転倒又は倒壊により通行若しくは避難を妨げ、又は危害を及ぼすおそれのあるものとして市長が認めるもの

 

 

●対象となるブロック塀の設置場所  

下記のとおり道路側に設置してあるブロック塀のみが対象となる

 

 

●補助率等  

 

補助対象工事

補助率

補助対象経費

限度額

危険ブロック塀等

の撤去

2/3

補助するブロック塀の長さ

1mにつき1万2千円以内

20万円

上記工事後、新たな

フェンス等の設置

2/3

設置するフェンス等の長さ

1mにつき1万5千円以内

20万円

※①の工事のみ又は①かつ②の工事が補助対象となります。

※補助対象経費以下のm単価の場合、その単価が採用となります。

 

 

●補助金の算定例  

  (1万2千円以内のとき)

危険ブロック塀等の撤去のみ10mで、m単価が6,000円の場合

長さ10m×補助率2/3×m単価6,000円=40,000円(補助金)

(1万2千円を超えるとき)

危険ブロック塀等の撤去のみ10mで、m単価が20,000円の場合

長さ10m×補助率2/3×m単価12,000円=80,000円(補助金)

 

 

●補助の流れ  

 

補助対象通路・条件の確認

 

申請をしようと思う建築物が補助対象通路であるか、補助対象条件を満たしているかを確認してください。

 

 

補助対象工事の確認

 

補助対象範囲と補助対象工事であるか確認をしてください。また、補助率や補助限度額についても確認してください。

 

 

事前協議

 

必要書類を添付して事前協議申出書を市に提出してください。

事前協議申出書

・ブロック塀等の位置図

・補助対象工事を行う施工箇所の写真

 

 

事前協議結果通知

 

事前協議後に現地を確認し、補助対象の有無を通知します。

 

 

交付申請

 

必要な書類を揃えて市に提出してください。

必要書類は事前申請時にお知らせします。

 

 

交付決定

 

山鹿市で審査し、補助金の額を決定し交付決定を行います。交付決定が届くまでは絶対に契約・着工しないでください。

 

 

実績報告

 

耐震化等工事が終わりましたら、必要書類を揃えて市に提出してください。

 

 

交付確定

 

山鹿市で書類審査、現地検査を行い、補助金の額を確定します。確定通知が届きましたら請求書の提出をお願いします。

 

請求書

 

請求書が提出されましたら、支払い手続きを行います。

 

 

 

 

資料

 

山鹿市ブロック塀耐震化等事業のチラシ

 

申請様式集

 

申請様式記入例

 

山鹿市ブロック塀耐震化等事業補助金交付要綱

 

民間所有ブロック塀の安全への対応マニュアル

 

 

●お問い合わせ先 

山鹿市役所 都市計画課 電話0968-43-1591

 

お問い合わせ先

都市計画課

電話番号:
0968-43-1591
メールアドレス:
toshikei@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?