農地を売買、贈与・受贈するには

農地を売買、贈与・受贈するには、農業委員会会長の許可が必要です。許可無く売買等されても、所有権登記を行うことはできません。

農地の所有権移転申請には下記の2通りの方法があります。

1.農地を売買、贈与、受贈する場合

  農地法第3条による所有権移転許可申請

対象者

 譲受人:自作地、借受地、今回申請地含めて50a以上耕作していること。

(山鹿市では農振農用地区域外においてのみ10アール(1反)以上での取得が可能)

申請窓口

 山鹿市農業委員会事務局  (各市民センター窓口でも受付可能)

提出書類

 農地法第3条申請書、土地登記簿謄本など

許可権者

 山鹿市農業委員会会長

2.農地の売買につき、熊本県農業公社を通して行う場合

  農業経営基盤強化促進法による農地のあっせん申込

対象者

 譲受人:あっせん名簿に登載されている者

対象地

 農業振興地域内農用地区域にある農地

申請窓口

 山鹿市農業委員会事務局  (各市民センター窓口でも受付可能)

提出書類

 申出書・土地登記簿謄本等

許可権者

 山鹿市長

メリット

 譲渡人には、800万円迄の譲渡所得の特別控除の適応があります。

 

※申請受付締め切りは、毎月15日です(休日の場合は翌開庁日)。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

山鹿市農業委員会事務局

電話番号:
0968-43-1614

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?