山鹿市立博物館

菊池川流域の古代ロマンがここに凝縮!

山鹿市立博物館

 山鹿市立博物館は、昭和53年4月1日、県内で2番目に開館した博物館です。
 建物は鉄筋コンクリート2階建て、延べ面積681平方メートルの小さな博物館です。
 山鹿市を中心とした菊池川流域の考古資料のほか、歴史資料や民俗資料を展示しています。
 全国に唯一の石包丁形鉄器や、30数例しかない巴形銅器など大変貴重な資料がみどころです。

 博物館周辺は歴史公園「肥後古代の森」として整備されていて、装飾古墳として有名な史跡チブサン・オブサン古墳まで徒歩15分の「古代への道」が続いています。

※チブサン古墳内部見学につきましては、コロナウィルス感染拡大防止対策により中止しております。内部見学再開については、追ってお知らせいたします。

 そのほか江戸時代の民家や全国第2位の規模の用水橋(石橋)である大坪橋が移設復原されて、歴史あふれる空間となっています。
 

 

主な展示資料

〔旧石器〕尖頭器(市指定)、ナイフ形石器
〔縄 文〕縄文土器、土偶、骨角器
〔弥 生〕方保田東原遺跡出土品(家形土器・巴形銅器・石包丁形鉄器ほか(国重要文化財)
〔古 墳〕鏡、勾玉、馬形埴輪、人物形埴輪、鳥形埴輪
〔古 代〕中村廃寺瓦、墨書土器、凡導寺経筒(県指定)
〔中 世〕輸入陶磁器、瓦質土器
〔江 戸〕湯町絵図(市指定)、古事記伝写本(県指定)
〔明 治〕西南の役山鹿口の戦い錦絵

 

 

巴形銅器(左) 石包丁形鉄器(右)どちらも国史跡方保田東原遺跡出土(国重文考古資料)

巴形銅器と石包丁形鉄器

開館時間 9時から17時まで(入館は16時半まで)
休館日  月曜日・祝日の翌日・年末年始
入館料  一般・大学生270円、高校生以下70円(山鹿市内の小中学生は無料)
       団体(15名様以上)一般・大学生210円、高校生以下50円
      (令和元年10月1日に料金改定しました)
 

アクセス

◎公共の交通機関(九州産交バス利用)の場合

熊本市内から…桜町バスターミナル(旧:熊本交通センター)14番乗り場(路線番号A)から山鹿温泉行きで約1時間「山鹿バスセンター」(終点)下車→南関ターミナル行きに乗り換え。バス停「鍋田」か「博物館前」で下車→徒歩10分。
※南関ターミナル行きは本数が少ないため、ご注意ください
(山鹿バスセンターから博物館までタクシーで1,000円程度)

福岡方面からは高速バス植木ICで降車し、山鹿バスセンター行きのバスに乗り換え)が便利です


◎自動車の場合
 熊本市内から…国道3号(28km)→ 国道443号(5km)
 九州道…南関インターチェンジ→国道443号(15km)
      または植木インターチェンジ→国道3号(12km)→国道443号(5km)
 

案内図
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

山鹿市立博物館 〒861-0541熊本県山鹿市鍋田2085

電話番号:
0968-43-1145
ファックス番号:
0968-43-1143
メールアドレス:
shakyo@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?