さくら湯再生基本構想

幾多の改修を経ながら100年余の歴史を重ねてきた木造のさくら湯が、再開発事業により
プラザファイブビルの中に移されて30数年が経過しました。その後、時代とともに市民の価値
観も変化し、山鹿が県北の中心地として栄えた良き時代を懐かしむと同時に、歴史・文化の重
みを大切にする機運が大きくなり、その結果は八千代座の復興や豊前街道の整備など、多く
の施策として実現されてきました。

同様に、木造の「さくら湯」の再建を望む市民の思いは、その時々のアンケートや懇談の場
で次第に大きくなってきました。このような経過を受けて、平成16年末には、崇城大学の協力
を得て「さくら湯再生にかかる報告書」を取りまとめました。その後、今回のプラザファイブの再
生事業の推進に合わせて、この報告書を基に協議を重ね、今回の「さくら湯再生事業」を推進
するに至りました。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

商工観光課

電話番号:
0968-43-1579
ファックス番号:
0968-43-8795
メールアドレス:
syohkan@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?