山鹿市は定住自立圏構想を推進しています。

■定住自立圏構想とは

 定住自立圏とは、中心市と周辺市町村が、自らの意思で1対1の協定を結ぶことで形成される圏域のことをいいます。
 中心市と周辺市町村がお互いに連携・協力することにより、中心市において圏域全体の暮らしに必要な都市機能を集約的に整備し、周辺市町村において必要な生活機能を確保することで、地方圏に定住の受け皿を形成していこうというもので、平成21年4月から全国的にスタートした制度です。

 

■山鹿市の取組

 中心市のうち、広域的な合併を行った合併市であって、人口最大の旧市の昼夜間人口比率が1以上のものは、合併1市で定住自立圏を形成することができます。
 山鹿市は、この要件を満たすことから、旧山鹿市を中心地域、旧4町を周辺地域として、合併後の山鹿市1市でこの定住自立圏の形成に取り組むこととしました。

※ 現在の山鹿市は、平成17年1月15日に、山鹿市、鹿北町、菊鹿町、鹿本町及び鹿央町が合併して誕生しました。

 

◎ 山鹿市定住自立圏中心市宣言

 「定住自立圏構想推進要綱」第4の規定に基づき、地域全体における生活機能を確保し、魅力を向上させる上で、中心的な役割を担う意思を明示するため、平成21年9月定例市議会の開会日(平成21年9月1日)に、県内市町村では第1号となる「中心市宣言」を行いました。

 

◎ 山鹿市定住自立圏形成方針

 「定住自立圏構想推進要綱」第5の規定に基づき、人口定住のために必要な生活機能の確保に向けて、「生活機能の強化」、「結びつきやネットワークの強化」、「圏域マネジメント能力の強化」の観点から中心地域と周辺地域が連携する取組について規定した「定住自立圏形成方針」を、平成22年3月定例市議会の議決を経て策定しました。

 【形成方針の一部改定】
  平成23年11月、形成方針の一部改定を行いました。
  ・主な内容:掲載施設の名称変更。

 

◎ 山鹿市定住自立圏共生ビジョン

 「定住自立圏構想推進要綱」第6の規定に基づき、本圏域の将来像や「定住自立圏形成方針」に基づき推進する具体的取組を記載した「定住自立圏共生ビジョン」を、平成23年1月末に策定しました。
 なお、この共生ビジョンについては、民間や地域の関係者等を構成員とした「山鹿市定住自立圏共生ビジョン懇談会」での検討を経て策定しました。

 【共生ビジョンの一部改定】
  平成23年11月、共生ビジョンの一部改定を行いました。
  ・主な内容:掲載施設の名称変更等。


 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

秘書政策課

電話番号:
(秘書係)0968-43-1110 (政策調整係)0968-43-1112
ファックス番号:
0968-44-0373
メールアドレス:
hisho@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?