山鹿市難聴児補聴器購入費助成事業の実施について

1 助成制度
 身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度難聴児の音声言語能力の向上やコミュニケーション能力等の成長が促進され、教育等における健全な発達が図られるよう、補聴器購入費用の一部を助成します。(※購入前の申請が必要です)

2 助成対象児
 ・市内に住所を有する18歳未満の方(申請日時点)
 ・両耳の聴力レベルが30dB以上で、身体障害者手帳の交付対象とならない方
 ・補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断された方
 ・市民税所得割額が46万円以上の人がいない世帯に属する方

3 助成対象費用
 ・補聴器の購入費用
 ・補聴器の耐用年数(5年)経過後に更新する費用
  ※修理費用は対象外

4 助成額
 ・別表に定める基準価格の範囲内で購入費用の3分の2(10円未満切捨)

5 申請窓口
 ・山鹿市役所福祉援護課 障がい福祉係

6 申請に必要なもの
 ・申請書
 ・医師意見書(記入者は身体障害者福祉法第15条の指定医師に限る)
 ・補聴器の見積書、仕様書(山鹿市に登録されている事業者に限る)
 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

福祉援護課 障がい福祉係

電話番号:
0968-43-0052
ファックス番号:
0968-43-1170
メールアドレス:
fukushiengo@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?