マイナンバーカード(個人番号カード)と住民基本台帳カードとの関係

 

  マイナンバー制度の導入に伴い、平成28年1月以降、希望者に顔写真付きのマイナンバーカードが交付されます。
 マイナンバーカードは、住民基本台帳カードと同様にICチップの付いたカードとなる予定で、従来の住民基本台帳カードの機能を引き継ぐとともに、新たな機能を備えたより利便性が高いカードです。
 マイナンバーカードの交付に伴い、現在交付を行っている住民基本台帳カードは、平成27年12月末をもってカード発行が終了される予定です。
 すでに住民基本台帳カードを取得されている方は、カードの有効期限まではそのまま利用することができます。
 ただし、住民基本台帳カードとマイナンバーカードを同時に所持することはできません。
 住民基本台帳カードを取得されている方が、マイナンバーカードの交付を申請された場合、マイナンバーカードを交付の際に、お持ちの住民基本台帳カードを回収いたします。

 

※マイナンバーカードと住民基本台帳カードの発行・利用期間のイメージ図

イメージ図

※平成28年1月から住民基本台帳カードに代わって、マイナンバーカードが交付されます。
※住民基本台帳カードとマイナンバーカードの同時所持はできません。
※平成27年12月末までに交付された住民基本台帳カードについては、カードの有効期限(取得から10年間)までは使用することができます。
※マイナンバーカードの有効期限は、次のとおりです。
 (1)カード発行時の年齢が20歳以上の場合:カード発行の日後10回目の誕生日まで
 (2)カード発行時の年齢が20歳未満の場合:カード発行の日後5回目の誕生日まで
※平成28年1月以降、公的個人認証サービスの電子証明書を搭載する媒体が、住民基本台帳カードからマイナンバーカードに代わりますが、平成27年12月末までに住民基本台帳カードに公的個人認証サービスの電子証明書を搭載されている方は、引き続き現在のサービスの範囲内で電子証明書の有効期限(3年間)までは使用することができます。
 有効期限が到来した後、引き続き電子証明書のサービス利用を希望される方は、新たにマイナンバーカードの交付を受けていただくことになります。

比較図

お問い合わせ先

秘書企画課

電話番号:
0968-43-1112
ファックス番号:
0968-44-0373
メールアドレス:
hisho@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?