令和2年度 定期インフルエンザ予防接種のお知らせ

インフルエンザ

予防接種法に基づく高齢者のインフルエンザ予防接種の費用を一部助成します。

 

接種対象者 

(山鹿市に住所を有する方で下記の要件に該当する方)

◇満65歳以上の方(接種当日に、満65歳に到達している方)

◇満60歳(接種当日に、満60歳に到達している方)~満65歳未満の方であって、心臓・腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(内臓疾患の身体障害者手帳1級程度) 

 

接種回数   

1回 (医師の判断により2回接種が必要と認められる方は、2回目は全額個人負担となります。)

 

接種期間 

 令和2年10月1日(木)~令和2年12月末日まで

(医療機関の診療日時間内のみ)

※接種期間を過ぎると全額個人負担となります。

 

 接種場所 

定期インフルエンザ予防接種実施医療機関(添付ファイル参照)

※医療機関によっては、接種できる日程等が限られる場合や、ワクチンの在庫状況などにより実施期間内であっても接種できない場合がありますので、必ず事前に予約等を行ってから接種していただきますようお願いします。

 

【市が委託している医療機関以外(山鹿市・植木町以外)で接種希望される方】

申請手続きが必要です。下記の申請に必要な物を持参のうえ、健康増進課(山鹿健康福祉センター内)または各市民センターにて申請をお願いします。申請手続きがない場合は接種時の助成ができませんので、お早めに手続きをお願いします。

※接種料金の償還払いは行っておりません。

 

【申請に必要なもの】

  • 申請者の印鑑及び身分証明書(運転免許証等)
  • 令和2年度市県民税課税台帳記載事項証明書                         

  ※証明書の提示が必要な人は非課税世帯の人のみ。                     

  ※証明書は市民課(本庁)または各市民センター窓口で発行できます。同一世帯でない方が代理で申請される場合は委任状が必要になります。

 

接種料金  

 個人負担金 : 1,500円(医療機関で支払う金額)

                              

接種料金の免除について

 

令和2年度の対象者の方で、生活保護世帯 ・ 市民税非課税世帯の方は、下記の証明書を接種時に医療機関へ持参されると個人負担金が免除となります。

  •  生活保護世帯の方:「生活保護証明書」 
    ※市役所(福祉課)にて発行します

 

  • 市民税非課税世帯の方:「令和2年度 市県民税課税台帳記載事項証明書」

   ※市役所(市民課)及び各市民センターで交付しています。(証明料 300円)

   同一世帯でない方が代理で申請される場合は委任状が必要です。

           

接種当日の持参品

  • 住所、氏名、生年月日がわかるもの(健康保険証など)
  • 接種料金

 

 【該当される方のみ】

  • 生活保護世帯証明書 
  • 市県民税課税台帳記載事項証明書
  • 満60~65歳未満の方で対象の方は、身体障害者手帳の写し

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

山鹿市 健康増進課

電話番号:
0968-43-0050

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?