償却資産について

 

 償却資産の申告について

 個人や法人で山鹿市内に償却資産(土地、家屋以外の事業用資産)を所有されている方は、地方税法383条の規定により、毎年1月1日現在で所有している資産について1月31日(休日の場合は次の平日)までに申告する必要があります。

 つきましては、償却資産の手引きをご覧の上、申告書を作成し申告期限までにご提出をお願いいたします。

 また、平成28年度より申告書にマイナンバー(個人番号、法人番号)をご記入頂くこととなり、「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下、番号法)」第16条の規定に基づき、個人番号を記載された申告書を提出の際に「個人番号の確認・本人確認」をさせていただきます。(ただし、法人番号については番号法に基づく本人確認等はありません。)

 

 なお、マイナンバー(個人番号、法人番号)の記入のない申告書についても有効なものとしてこれまでと同様に受理いたします。

 

 固定資産評価基準に基づき、取得価格を基礎として、取得後の経過年数に応じて価値の減少(減価)を考慮して評価します。

 

前年中に取得された償却資産

  価格(評価額)=取得価格×(1-減価率/2)

 

前年前に取得された償却資産

  価格(評価額)=取得価格×(1-減価率)・・・・(a)

 

 但し、(a)により求めた額が、(取得価格×5/100)より小さい場合は、(取得価格×5/100)により求めた額を価格とします。

 

固定資産における償却資産の減価償却法は原則として定率法です。

 取得価格・・・原則として国税の取り扱いと同様です。

 減価率・・・・・原則として耐用年数表(財務省令)に掲げられている耐用年数に応じて減価率が定められています。

 

 詳しい内容については、下記の償却資産(固定資産税)申告の手引きをダウンロードしてご覧下さい。

 

    様式について

 償却資産申告書は、下記の様式を印刷してご利用ください。

 [注意]電子メールやメディアでの提出は不可です。申告書類は、印刷してご提出ください。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

税務課固定資産税係

電話番号:
0968-43-1121
ファックス番号:
0968-43-1170

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?