水道管の凍結防止対策について

水道管が凍結しやすい季節を迎えました。

気温がマイナス4℃を下回ったり、厳しい冷え込みが続くときは、水道管が凍結して水が出なくなったり、破裂することがあります。

 

平成28年1月に西日本一帯を襲った記録的な寒波(鹿北の観測地点でマイナス8.3℃を記録)では、山鹿市内でも家庭の水道管などが凍結破損し漏水が多数発生。漏水に伴う配水量の急激な増加により配水池の水位が低下して市内で一部断水となる事態になりました。 

 

本格的な冬の到来を前に水道管の点検を行い、凍結防止対策を実施しましょう。

 

凍結が起こりやすい場所

・風当りの強い屋外にある水道管

・日陰にある水道管

・むき出しになっている水道管

 

 

凍結・破裂を防ぐには

屋外のむき出しの水道管や蛇口は保温材や毛布、タオルなどで蛇口まで包み、雨、雪で濡れないようビニールで覆います。

 

 

 ・給湯器などの凍結防止対策

 給湯器や湯沸器のむき出しの配管にも保温材を巻きましょう。

 給湯器などについている凍結予防機能については、取扱説明書を読まれるか、メーカー、販売店にお問い合わせください。

 

水道管が凍ってしまったら

水道管の水は凍っても日中の気温が上がれば溶けて出るようになります。

すぐに水を使う必要がある場合は、水道管や蛇口にタオルなどをかぶせ、その上からぬるま湯をゆっくりとまんべんなくかけて溶かします。

凍結した部分に直接熱湯をかけると破裂する恐れがあります。熱湯はかけないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水道管が破裂したときは

メーターボックス内の元栓(赤丸部分)を閉めて止水した後、お近くの山鹿市指定給水装置工事事業者(下記ダウンロード参照)へ修理を依頼してください。

なお、修理費用はお客様のご負担となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・漏水の確認方法

 水道メーターのパイロットと呼ばれる部分(赤丸の部分)で漏水を確認することが出来ます。

 すべての蛇口を閉めた後に、このパイロットが回っている場合は漏水している可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水道管の凍結・破裂に備えて

 テレビやラジオ、インターネットなどから気温や寒波に関する気象情報をこまめに入手するようにしましょう。

(日本気象協会では「水道凍結指数」というものも発表されています。)

長期で不在にする場合や日頃使用していない空き家などは、元栓を閉めておきましょう。

事前にメーターボックス、元栓の位置を確認し、いざというときに水が止まるかを確認しておきましょう。

 

 

 

お問い合わせ先

水道局お客様サービスセンター ☎0968-43-1161

水道局水道課         ☎0968-36-9119

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?