市原さん(ゆったり子育て農業経営)

市原さんの写真

ゆったりとした時間のながれと
収穫の歓び。
のびのび子育て。

 

農業経営 市原伸生さん

田舎での暮らしと農業についてききました

農地の写真

「農業をめぐる状況が厳しい時代だからこそ、チャンスではないか」父の言葉に背中を押されて、平成24年に東京から郷里の山鹿へUターンした市原さんご夫妻。伸生さんは、鹿本町生まれ。佐賀大学農学部を卒業後、東京で3年間青果販売会社に勤めていました。実家は、アイスクリーム等の加工品を製造する会社。農業経験はありませんでしたが、地域の人々に教えられ、現在、10アールの米と2ヘクタールの栗栽培をしています。菊鹿町の生産グループ「相良(あいら)あいがもん倶楽部」に入り、アイガモを使った有機農法に挑戦。「消費者に直接里山の魅力を伝えたい」と話されます。

妻の奈穂子さんは栃木出身。大学を卒業後、管理栄養士として東京の病院に勤務していました。熊本という地域へのあこがれもあり、伸生さんと一緒に農業の夢を実現したいと思ったそうです。

「田舎の生活はけっこう忙しく、栗園は夏の下草刈りが大変です。けれど都会にはない、ゆったりとした時間の流れと、収穫の歓びはひとしお。今年は、ワイン用のぶどうも栽培します」農業収入は東京での年収と比較するとまだまだですが、収益は、これからだそうです。「山鹿では、四季折々のおいしい食材が手に入りやすく、旬を感じる暮らしができます。東京にはない、ほんとうの豊かさがありますね」。

商品の写真

奈穂子さんは、グラノーラやクッキーなどの加工品を作り、福岡や阿蘇で開かれる農産物市マルシェにも出店。

「山鹿の自然が、遊びのフィールドですね。息子が通う保育園も自然とのふれあいを大切にしています。田舎といっても山奥で不便ではなく、週末には市街地のカフェに行き、買い物を楽しむこともできます」。

これから移住を考えている方へは、「自分が何をやりたいのかを考え、技術を身につけて5年、10年後の目標を立てる事が大切でしょう。一緒に農業をする仲間が増えるといいですね」とエールを送ってくださいました。

お問い合わせ先

地域生活課(移住定住相談窓口)

電話番号:
(市民総務係)0968-43-1114 (活動支援係)0968-43-1114
ファックス番号:
0968-44-0373
メールアドレス:
chiiki@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?