❤先輩カップルインタビュー❤

2011年6月に肝いりどん事業がスタートして、2012年2月にめでたく最初の結婚カップルとなったお二人。

 

夫・Tさんは介護の仕事に就いており、妻・Mさんは専業主婦として家事を切り盛りしています。

 

「広報やまが」で肝いりどん事業を知った夫・Tさんと、職場に肝いりどん(結婚世話人)が

いたことから登録に踏み切ったという妻・Mさんは、共に山鹿市のご出身。

 

二人は肝いりどんの工藤ハル子さんの紹介で出会いました。

 

交際中はのんびりおっとりタイプの妻・Mさんを、時に厳しく時に優しく、男らしい勢いでリードし続けた夫・Tさん。

 

出会ってわずか5ヶ月で結婚に至ったとか!

 

「いい波に身を任せることが大事」と話すお二人に、今の率直な想いを聞きました。

 

※写真はイメージです。

【お二人をインタビュー!】

❤お互いの印象はいかがでしたか?❤


妻・Mさん

工藤さんに面接をしていただいたあと、3人で食事をしました。

それがTさんとの初めての出会いです。

私が結構のんびりしている性格なので(笑)、Tさんのテキパキとした対応に驚きましたね。

とっても気遣いができる人なんだなぁというのが最初の印象です。

 

夫・Tさん

やはり二人で出かけてみたりしないと分からないことも多いので、次は食事や

ドライブに誘ってみたいなと思いました。

初デートは小国町にコスモスを見に行ったんですよ。

 

妻・Mさん

菊鹿町の相良観音、阿蘇のファームランド、クリスマスはハウステンボスに行ったり。

楽しいデートを重ねました。

 

❤結婚を意識したのはいつ頃からですか?❤


妻・Mさん

これまで友人はたくさんいたんですが、なかなか結婚に踏み込めなくて...。

でもTさんと出会ってからは、波に乗ったサーファーのようにどんどんコトが進んだんですよ。

やっぱり勢いって大事だなと(笑)。

あとは私の家族をとても大事にしてくれる。

皆が「この人なら」と賛成してくれたので、やっぱり間違いないと思いました。

 

❤肝いりどんさんのお世話が必要ないくらい、どんどん進展していかれたんですね!
でも、この事業がなければ、お二人は出会えてなかったということになりますよね❤

 

夫・Tさん

それは本当にそう思います。
あの時「広報やまが」を見て、思い切って登録して良かったと思っています。
市長に感謝ですね(笑)!

妻・Mさん
私も「ココで一歩踏み出さないと」って直感的に思ったんです。
勇気を振り絞って本当に良かった!

 

❤とても幸せそうなお二人ですが、「結婚して良かった」と思うのはどんな時ですか?❤

夫・Tさん

不思議と、すぐに”家族”になれた感覚なんですよね。
休みの日は二人の趣味である温泉に出かけたりしてリラックスしています。

妻・Mさん
平日は毎朝お弁当作りから始まるのですが、彼の妻であることの幸せを感じています。
1人の時間は書道をしたりピアノを教えたり、プライベートな時間を満喫できているのもありがたいですね。

❤なかなか一歩踏み出せない独身の皆さんに一言お願いします!❤


夫・Tさん

迷っていたらいつまでも結婚できないまま。
タイミングが来たらぜひ、自分から動いて女性をリードしてください!


妻・Mさん

自分に合う”チャンスの波”にいかにリラックスして乗れるかだと思うんです。

せっかくこんないい制度があるのだから、「出会いがない...」と嘆く前に、

まずは登録してそのチャンスを広げてほしいなと思います。

 




妻・Mさんの左手薬指には愛の証・結婚指輪がキラリ。
なんと観覧車のてっぺんで夫・Tさんからプレゼントされたというからロマンチック!
Tさん、Mさん、どうぞ末永くお幸せに❤

お問い合わせ先

地域生活課(移住定住相談窓口)

電話番号:
(市民総務係)0968-43-1114 (活動支援係)0968-43-1114
ファックス番号:
0968-44-0373
メールアドレス:
chiiki@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?