平成28年10月30日(日曜日)

茶山唄

本日30日(日)は、第26回鹿北茶山唄全国大会に出席しました。

鹿北町岳間地域は、南に西岳を有しお茶栽培に適した地であり、古く江戸時代からお茶の栽培が

盛んに行われています。

また、高品質のお茶ができ、細川家代々の御前茶・御用達茶として重宝がられた歴史があります。

多いときには、千人以上の乙女達が菅笠をかぶり茶山に集まり、賑やかに、楽しく、働く人たちの

作業唄として歌われたのが”鹿北茶山唄”です。

素晴らしい節回しのこの唄は、最近では全国の民謡コンクールでもよく歌われ、鹿北、そして山鹿の名を、

全国に広める大きな力となっています。

今回は、熊本地震の影響もあり、240名の参加でしたが、審査員・伴奏の先生方のご支援・ご指導のおかげで、

素晴らしい大会となりました。心から感謝です。

実行委員の皆様、ありがとうございました。

 

※写真は、アトラクションで、何とも言えぬ愛らしい踊りを披露してくれた岳間保育園の園児です。

 また、広見保育園の神楽踊りも、とても良かったです。

お問い合わせ先

秘書政策課

電話番号:
(秘書係)0968-43-1110 (政策調整係)0968-43-1112
ファックス番号:
0968-44-0373
メールアドレス:
hisho@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?