国民年金の独自給付について

付加年金


定額保険料に付加年金保険料を上乗せして納めることで、受給する年金額を増やせます。
納めることができる人:国民年金第1号被保険者および65歳未満の任意加入被保険者
付加保険料の月額:400円

 付加年金額=200円×付加保険料納付月数

 ※付加年金と国民年金基金は、どちらか一方にしか加入できません。

 

死亡一時金


第1号被保険者として、保険料を36カ月(3年)以上納めた人が、老齢基礎年金・障害基礎年金のいずれも受けないで死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に支払われます。
国民年金以外の公的年金制度には、死亡一時金はありません。

 死亡一時金の額:納付月数により12万~32万円

 

寡婦年金


夫が亡くなったとき、次の条件を満たす妻に60歳から65歳になるまでの間受けられます。
【受給要件】
(1)夫の死亡当時に婚姻期間(内縁を含む)が10年以上続いていた。
(2)夫の死亡当時、夫によって生計を維持されていた。
(3)夫が老齢基礎年金または障害基礎年金を受けていない。
妻が繰上げ支給の老齢基礎年金を受けていない。
死亡した月の前月までの第1号被保険者としての保険料納付済期間(免除期間を含む)が原則として10年以上ある。

 寡婦年金額:夫が受けられる老齢基礎年金の4分の3(付加年金は除く)

お問い合わせ先

国保年金課

電話番号:
(国民健康保険係)0968-43-1527 (後期医療年金係)0968-43-1576
ファックス番号:
0968-43-1170
メールアドレス:
kokuho@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?