山鹿市一般不妊治療費助成事業について

 山鹿市では、少子化対策の一環として、保険診療の対象となる一般不妊治療を受けた夫婦(婚姻の届け出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあるものを含む。以下同じ)で、下記対象者に該当する方に対して治療に要する費用の一部を助成します。
 

1 助成対象者
 令和3年度から令和4年度にまたぐ1回の治療として令和3年度中に保険外診療を受けた方を含む次の(1)~(5)のいずれも該当の方
(1) 夫婦の両方または一方が申請日時点で山鹿市に1年以上住所を有すること。
(2) 申請日における妻の年齢が40歳以下であること。
(3) 夫婦の属する世帯全員が市税を滞納していないこと。
(4) 夫婦のいずれかが医療機関において不妊症と診断されていること。
(5) 一般不妊治療に関し、他の助成金の交付を受けていないこと。 

2 助成内容
 
次の(1)(2)を合わせて一組の夫婦につき5万円を上限とする。※申請初年度から通算して2年度を限度とする。

(1)不妊治療のうち、人工授精による治療で保険適用の対象となるものをいう。ただし、次のいずれかに該当するもの及び特定不妊治療を除く。
 ア 夫婦以外の第三者からの精子、卵子又は胚の提供によるもの
 イ 夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入して、当該第三者が妻の代わりに妊娠し、及び出産するもの

(2) 一般不妊治療費(文書料、個室料等の人工授精に直接関係のない費用を除く。)及び一般不妊治療に関し医療機関において交付された処方箋により薬を調剤した薬局に支払った費用。

3 申請方法
 一般不妊治療を受けた日の属する月の初日から起算して1年以内に下記のものを山鹿市健康増進課(山鹿健康福祉センター)にご持参ください。
 申請書をご記入いただきます。

(1) 「山鹿市一般不妊治療(人工授精)費助成事業申請書 」
(2) 「山鹿市一般不妊治療(人工授精)費助成事業受診等証明書」

(3) 人工授精治療に係る領収書及び治療内容が分かるものの原本
(4) 「住民票(1ヶ月以内に発行された世帯全員のもの) 」
(5) 印鑑(朱肉使用のもの)
(6) 夫婦いずれか(山鹿市に住民票を持つ申請者)の通帳
(7) 写真付身分証明書(運転免許証など)

(8) 夫婦のいずれかの住所地が山鹿市外の場合、住所地で発行された「未納がない証明書」
(9) 夫婦が事実婚関係にある場合、「山鹿市一般・特定不妊治療助成事業に係る事実婚に関する申立書」および夫婦それぞれの「戸籍謄本(1ヶ月以内に発行されたもの)」

※申請書及び証明書の様式については、下記よりダウンロードしてご利用ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

健康増進課

電話番号:
0968-43-0050
ファックス番号:
0968-43-1164
メールアドレス:
kenkoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?