退職者医療制度

 医療の必要性が高まる退職後に会社等の社会保険から国保に移ることにより、国保の医療費負担は増大します。このような健康保険制度間の格差を是正するために設けられた制度です。
 国保税及び一部負担金の割合は、退職被保険者と一般被保険者との違いはありませんが、対象となる方が65歳を迎えるまでの医療費については、国保と社会保険からの拠出金とで負担し合う仕組みとなっています。
※平成26年度で制度は廃止となりましたが、経過措置で平成26年度までに資格を有する方は対象となります。

【対象となる方】
1  国保に加入している方
2  厚生年金や共済年金などの受給権を持ち、在職中の年金加入期間が20年以上又は、40歳以降10年以上ある方
3  65歳未満の方

【加入の届出】
老齢を事由とする年金を受ける権利が発生した日から「退職被保険者」となりますので、年金証書が届いたら14日以内に国保の窓口へ届出をしてください。

【退職者扶養家族の加入資格】
下記の全ての条件を満たす場合、扶養家族として加入できます。
1 退職者本人の配偶者又は、3親等内の親族であること
2 退職者本人と同じ世帯であること
3 国保に加入していて、後期高齢者でないこと
4 年間収入が130万円未満(60歳以上又は障がい者の場合は180万円未満)、かつ、退職者本人の収入の半分未満であること
5 65歳未満の方

【申請に必要なもの】
1 年金証書
2 国民健康保険証
3 本人確認書類
4 マイナンバーの分かるもの(マイナンバーカード(個人番号カード)、通知カードなど)
5 印鑑
 

お問い合わせ先

国保年金課

電話番号:
(国民健康保険係)0968-43-1527 (後期医療年金係)0968-43-1576
ファックス番号:
0968-43-1170
メールアドレス:
kokuho@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?