平成31年度山鹿市宅地復旧事業のお知らせ

 

 この事業は、平成28年熊本地震による被害からの復興を図るため、被災した宅地を復旧しようとする方に対する補助するものです。ぜひご活用ください。

今年度が本事業の最終申請年度となります。

 

受付期間(平成31年度受付)

 

2019年 4月 1日()から

 

2019年10月31日()まで(土日祝祭日を除く)

 

※申請受付は予算の範囲内による先着順となります。予算額に達し次第、平成31年度の申請受付を終了します。今年度申請分については2020年2月末までに工事を完了していただきますようお願いいたします。また、今年度中に復旧予定箇所の把握をするため、2020年度、2021年度内に宅地復旧事業の利用を考えられている方は、事前申請を2019年10月31日までに行っていただく必要があります。事前に申込をしていない場合は、補助を受けられない場合がありますので、必ず期間内に事前申請を行ってください。

 

 

山鹿市役所都市計画課景観建築係(市役所2階)で受付を行います。

 

補助対象者

次のすべてに該当する方です。

○市内に存する宅地の所有者等

○市税を滞納していない方

 

対象となる宅地

平成28年熊本地震発生時に住宅(民間企業及び団体等の社宅並びに寮を除く)の用に供されていた土地

 

対象となる工事

○のり面復旧工事

○擁壁の復旧工事(旧擁壁の撤去、擁壁に関する排水施設設置工事を含む)

○地盤の復旧工事(陥没への対応工事を含む)

○液状化の再度災害を防止するための地盤改良工事

○住宅基礎の傾斜修復工事(住宅建屋の基礎の沈下又は傾斜を修復する工事)

※上記工事に関する調査及び設計費を含む。

※地震後の復旧工事で、既に工事が完了しているものも含む。

※擁壁の高さが2mを超えて築造する場合、建築確認申請が必要になります。

 

 

【対象とならない工事】

  ×新たにフェンスや給排水設備などを購入し、設置する工事

  ×既に当該事業による補助を受けた工事(当該補助金の交付は1度まで)

  ×併用住宅の用に供されている宅地における工事で非住宅部分に相当する工事

  ×復旧工事等に要した費用が50万円以下の工事

 

復旧工事が平成29年9月21日までに工事が着工又は完了している場合、対象となる場合もあります。平成29年9月22日以降に交付決定通知なしに工事着工した場合は、対象となりませんので、ご注意ください。

 

補助金額

被災宅地の所有者等が対象工事の施工等に要した額(対象工事実額)から50万円を控除した額に3分の2を乗じた額が補助金額となり、対象工事実額の上限については1,000万円で最大6333千円の補助を受けることができます。

 

 ※対象工事実額とは対象工事に関する調査、設計、工事にかかった費用の合計とします。(消費税及び地方消費税を含む。)

 ※宅地復旧補助金の交付額に1,000円未満の端数があるときは、切り捨てます。また補助金の申請は1宅地につき1度までとします。

 

例:工事実額500万円の場合

  (500-50)×(2/3)=300万円(宅地復旧補助金)200万円(個人負担)

 

 

※詳しい申請方法等については、下記のお問い合わせ先までお尋ねください。

 

 事業のながれ(PDF

 

要綱

山鹿市宅地復旧事業補助金要綱(PDF)

 

申請様式

宅地復旧事業申請様式 (Word)

 申請様式記入例(PDF)

                                                                                

参考

 被災宅地復旧支援事業のお知らせチラシ(PDF)

  

 

 

お問い合わせ先

都市計画課

電話番号:
0968-43-1591
メールアドレス:
toshikei@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?