市県民税に係る主な税制改正について

平成31年度課税(平成30年1月以降の収入が対象)から適用される主な改正事項

配偶者控除・配偶者特別控除の見直し

※働きたい人が就業調整を意識しなくて済む仕組みを構築する観点から、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しが行われました(下に記載する表内の控除額は市県民税の控除額であり、所得税の控除額とは異なりますのでご注意ください。)。

 

1 配偶者控除

 配偶者控除を受けることができる納税義務者の合計所得金額が1,000万円以下に制限され、配偶者控除の控除額は納税義務者の合計所得金額に応じて、段階的に減少する仕組みが設けられました。

 改正前:配偶者の合計所得金額が38万円以下で納税義務者の合計所得金額の制限なし
 改正後:配偶者の合計所得金額が38万円以下で納税義務者の合計所得金額に応じて段階的に減少

 配偶者控除一覧(平成31年度から)

  納税義務者の合計所得金額
900万円以下

900万円超
950万円以下

950万円超
1,000万円以下

1,000万円超
配偶者控除額 配偶者の
合計所得金額
38万円以下
33万円 22万円 11万円 適用なし
老人配偶者控除額
(70歳以上)
38万円 26万円 13万円

※障害者控除の適用
 納税義務者と同一生計の配偶者が障がい者で、合計所得金額が38万円以下の場合は、納税義務者の合計所得金額に関わらず、障害者控除が適用できます。

 

2 配偶者特別控除

  対象となる配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下とされ、配偶者特別控除の控除額は納税義務者の合計所得金額に応じて、段階的に減少する仕組みが設けられました。

 改正前:配偶者の合計所得金額が38万円超76万円未満のときその金額に応じて適用され、納税義務者の合計所得金額が1,000万円を超えると適用なし
 改正後:配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下のときその金額に応じて適用され、納税義務者の合計所得金額が900万円を超えると控除額が段階的に減少し、1,000万円を超えると適用なし

配偶者特別控除一覧(平成31年度から)

  
  
納税義務者の合計所得金額

 900万円以下

900万円超
950万円以下

950万円超
1,000万円以下

1,000万円超









38万円超

90万円以下

 33万円 22万円 11万円 適用なし

90万円超

95万円以下 

 31万円 21万円

95万円超

100万円以下 

 26万円 18万円 9万円

 100万円超

105万円以下

21万円 14万円 7万円

105万円超

110万円以下 

 16万円 11万円 6万円

110万円超

115万円以下 

 11万円 8万円 4万円

115万円超

120万円以下

6万円 4万円 2万円

120万円超

123万円以下 

 3万円 2万円 1万円
123万円超 適用なし

 

 関連情報

 国税庁ホームページ「配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて」(外部リンク) 

お問い合わせ先

税務課

電話番号:
(市民税係)0968-43-1120 (固定資産税係)0968-43-1121 (収納係)0968-43-1144
ファックス番号:
0968-43-1170
メールアドレス:
zeimu@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?