特定健康診査時における「尿蛋白定量検査の調査研究」のお知らせ

≪趣旨≫
 山鹿市では、CKD(慢性腎臓病)の発症予防・進展阻止を目的として、特定健康診査結果を踏まえ市民への尿蛋白定量検査を実施し、受診勧奨や保健指導を実施しています。
 本来、CKD診療ガイドラインにおいて、尿蛋白1+以上は、医療機関への受診勧奨対象者とされますが、尿蛋白定量検査を実施することにより多くの市民がその対象から除外されることが予測され、市民の精神的な負担軽減のみならず、多くの人的および財政的負担軽減に繋がる可能性があります。また、精密なデータに基づく判定であり、腎臓専門医紹介の優先順位をも客観的に判断できることは有益であり、そういった検査内容からの解析を行っています。
 上記のことから、尿蛋白定量検査の調査研究で市民の健康づくりに役立てるよう熊本大学や腎臓専門医のもと、調査研究に協力しています。

 


≪目的・方法≫
 平成27・28年度に集団の特定健康診査で採取された一部の尿を用いて尿蛋白定量検査を行い、データを分析し、2つの尿蛋白評価法(試験紙法および尿蛋白定量法)から導出される検査結果の共通点および相違点等を解析することを目的としています。

 

≪データ解析対象者≫
 平成27・28年度に集団特定健康診査の尿検査において尿蛋白定性検査±以上を示した者

※研究に関する詳細については、別添にある「熊本大学から臨床研究のお知らせです」を参照ください。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

健康増進課

電話番号:
0968-43-0050
ファックス番号:
0968-43-1164
メールアドレス:
kenkoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?