山鹿市店舗改装等魅力向上支援事業補助金(二次募集)の受付について

店舗の魅力向上を図る改装等を支援します

国内外の観光客の誘致やまちなかのにぎわい創出のため、市内店舗を対象に市内施工業者を活用して店舗の魅力向上を図る取り組みを応援し、集客向上と域内投資を促し地域経済の好循環の拡大を目指します。 

なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を図る取り組みについては加点を行います。

 

補助対象

下記のいずれにも該当する方 

1 中小企業基本法に規定する中小企業者で、山鹿市に住民登録のある個人又は山鹿市に法人届のある法人
2 市内の対面販売・サービスを行う店舗で、小売業、飲食業、サービス業(理容業・美容業・浴場・エステ・ネイル等)を営む方又は新たに行なう方
3 市内に住所のある個人事業主又は、市内に本店、支店、営業所を有する法人が施工等を行うこと
4 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条(第1項第1号から第3号を除く。)に規定する業務を営む者でないこと
5 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員又は同条第2号に規定する暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有している者でないこと
6 チェーン店、フランチャイズ、店舗面積1,000㎡以上の店舗でないこと

7 令和2年度にこの補助金の交付を受けていないこと

 

補助内容

事業期間:交付決定日から令和4年2月末日までに事業完了すること

補 助 率:1/2
補助上限額:50万円
対象事業:集客向上や業務効率化を図る店舗内の改装工事及び業務用備品の購入
(1)工事:外観(看板、入口面に限る)、内装、給排水、空調工事等
(2)備品:店舗運営に必要な業務用備品(椅子、机、ソファ、商品棚、冷蔵・冷凍庫、調理設備等)来客・厨房スペースに限る。
 

駐車場、倉庫、事務所、店舗外の上下水道等の接続工事等は補助対象外です。
補助対象となる事業下限額が50万円以上であること。
景観基準対象地域における外観工事は、都市計画課の修景基準を満たす必要があります 。
 

 

事業の例

工事(店舗部分に限る。)

 店舗の看板設置や客室のクロス張替・塗替、厨房の改修、エアコン設置、客用トイレの改修等 
 

備品購入

 来客・厨房スペースで利用する椅子、テーブル、商品陳列棚(ショーケース)、業務用冷蔵庫・冷凍庫等

 ※エアコンを除き家庭用電気機械器具(家電)は補助対象外

 ※原則1点5万円以上のもの
 

申請方法 

申請等にあたっては、商工団体と連携して実施します。

申請受付開始:令和3年9月1日(水)午前9時から
申請受付終了:令和3年10月5日(火)午後4時まで
交付決定通知:10月中旬を予定 

交付決定日前の着工は補助対象外です。

イメージ

申請書類 

1 店舗改装等魅了向上支援事業補助金交付申請書(様式第1号)
2 事業計画書
3 収支予算書
4 補助対象経費に係る見積書の写し
5 市税滞納有無調査承諾書又は市町村税納税証明書
6 補助対象事業の実施箇所を示す建築物の位置図
7 補助対象事業を行う施工箇所又は設置箇所の写真
8 山鹿市暴力団排除条例にかかる誓約書
9 工事の場合、工事行程表及び工事内容がわかる立面図、平面図等
10 店舗の所有権その他権限を証明する書類
11 店舗所有者の同意書(申請者が店舗所有者でない場合)
12 備品の場合、購入内容がわかるカタログ等の写し

申請書の提出およびご相談は、各商工団体で受け付けます。

 山鹿商工会議所:0968-43-4111

 山鹿市商工会:0968-46-2141         

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

商工観光課

電話番号:
0968-43-1579
ファックス番号:
0968-43-8795
メールアドレス:
syohkan@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?