新型コロナウイルス感染症の影響により市税等の納付が困難な方へ

 新型コロナウイルス感染症の影響により、事業等に係る収入(※)に相当の減少があった方で、市税等を期日までに納付することが困難な場合は、無担保かつ延滞金なしで最長一年間、納付の猶予を受けることができます。
 猶予期間中に納付や分割納付など、事業の状況に応じて計画的に納付していただくことも可能で納付の期日は猶予期間最終日までとなります。

※「事業等に係る収入」とは?
 「事業等に係る収入」とは、法人の収入(売上高)のほか、個人の方の経常的な収入(事業の売上、給与収入、不動産賃料収入等)を指します。
 個人の方の「一時所得」などについては、通常、新型コロナウイルスの影響により減少するものではないと考えられますので、「事業等に係る収入」には含まれません。

〇対象となる方
 以下の(1)、(2)いずれも満たす方(個人法人の別、規模は問わず)
 (1)令和2年2月以降の任意の期間(1ヶ月以上)において、収入が前年同期に比べ、概ね20%以上減少している方。
 (2)一時に納付し、または納入を行うことが困難であること。

〇対象となる市税等
 令和2年2月1日~令和3年2月1日までに納付期限が到来する個人住民税、法人市民税、固定資産税、国民健康保険税など、ほぼ全ての税目が対象になります。(※証紙徴収の方法で納めるものは除きます。)

〇申請の期間
 関係法令の施行の日(令和2年4月30日)から2ヶ月を経過する日(令和2年6月30日)または納付期限(納付期限が延長された場合は延長後の期限)のいずれか遅い日までに申請が必要です。

※新型コロナウイルスに感染したなど特別な事情があるときは上記の期限を過ぎても申請できる場合があります。詳細は担当までご確認ください。

〇申請の方法
 徴収の猶予の特例を受ける場合は申請書の提出が必要です。
 申請書の提出先は下記のとおりです。

 〒861-0592 熊本県山鹿市山鹿987番地3 山鹿市税務課 収納係 まで
 TEL 0968-43-1144
 FAX 0968-43-1170
 E-mail zeimu@city.yamaga.kumamoto.jp

《提出書類》 ※申請書等は下部のダウンロードファイルから取得してください。

  1. 徴収猶予「特例制度」申請書
  2. 財産目録および収支の明細書(※猶予を受ける金額が100万円を超える場合)
  3. 財産収支状況書 (※猶予を受ける金額が100万円以下の場合)
  4. その他の収入減少の事実を証明する書類(給与明細・売上帳簿・出納帳簿・通帳の写し等)
    ※2、3、4については、提出が難しい場合は相談に応じます。

     ※窓口への人の密集を避けるため、申請書は持参のほか、郵送・FAX(A4サイズ)・Eメール・eLTAXでの提出を受け付けます。
      なお、Eメールでの提出の場合は添付するデータの種類、容量によっては受信できない場合がありますので、事前に下記担当までご相談をお願いします。
     個人情報を記載した書類の送信になりますので、番号・アドレスはお間違えのないようにお願いします。

    ※参考 徴収の猶予
     (徴収の猶予) 地方税法 第15条 
     (換価の猶予) 地方税法 第15条の5、第15条の6

     
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

税務課

電話番号:
(市民税係)0968-43-1120 (固定資産税係)0968-43-1121 (収納係)0968-43-1144
ファックス番号:
0968-43-1170
メールアドレス:
zeimu@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?