障害年金を受給している方の「児童扶養手当」の算出方法が変わります

 「児童扶養手当法」の一部改正により、令和3年3月分から障害年金を受給している方の「児童扶養手当」の算出方法が変わります。

 

 見直しの内容(令和3年3月分(令和3年5月支払)から)

  現在、障害年金を受給しているひとり親家庭は、障害年金額が児童扶養手当額を上回る場合には、児童扶養手当が受給できず、就労が難しい方は、厳しい経済状況におかれています。

 

 そこで、「児童扶養手当法」が一部改正され、令和3年3月分から、児童扶養手当の額と障害年金の子の加算部分の額との差額児童扶養手当として受給することができるように見直されます。

  

手当を受給するための手続き

既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方は、原則、申請は不要です。 

それ以外の方は、児童扶養手当を受給するためには、申請が必要です。 

申請受付開始日

  令和2年8月3日(月曜日)から申請を受付ます。 

申請場所

  山鹿市役所 福祉援護課 児童家庭係(10)番窓口 または 各市民センター 市民係窓口

手続きに必要なもの

  1 本人と児童の戸籍謄本・・・同じ戸籍の場合は1通で可

  2 本人と児童の健康保険証

  3 本人名義の通帳

  4 年金証書

  5 印鑑(認印可。スタンプ印は不可)

  6 次の(1)または(2)

   (1)本人と児童の個人番号カード(マイナンバーカード)

   (2)本人と児童の個人番号通知カード及び身分証明書(運転免許証、パスポート等)

  7その他

   ※その他支給要件によって新たに提出書類が必要になる場合があります。

 

支給開始月

  通常、手当は申請の翌月分から支給開始となりますが、これまで障害年金を受給していたため児童扶養手当を受給できなかった方のうち、令和3年3月1日に支給要件を満たしている方は、令和3年6月30日までに申請すれば、令和3年3月分の手当から受給できます。

 

 令和3年3月分と4月分の手当は、令和3年5月に支払われます。

 

児童扶養手当制度についての説明はこちらをクリックしてください。

厚生労働省チラシ

お問い合わせ先

福祉援護課

電話番号:
(障がい福祉係)0968-43-0052 (児童家庭係)0968-43-0052
メールアドレス:
fukushiengo@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?