レジ袋削減に向けて、マイバッグの利用推進を!

2020年7月1日よりレジ袋有料化スタート

 2020年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋の有料化がスタートしました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

 日本では国民1人が1日1枚レジ袋を消費していると言われています。その利便性故につい使用してしまうワンウェイプラスチックですが、有料化を良い機会として、「外出の際は常にマイバッグを携帯する」というような一人一人の前向きな行動変容に繋げていくことが大切です。

 

レジ袋削減の取組み趣旨

 地球温暖化の抑制と循環型社会の構築に向けて、市民の方々が身近にできる取組みである「レジ袋の削減」を推進することにより、ごみの減量化や石油資源の消費抑制、海洋プラスチックごみの削減など、環境保全のための実践行動の促進を図ることが目的です。

 一人一人が普段のライフスタイルを見直し、不必要なワンウェイプラスチックの削減、ひいては海洋プラスチックごみ問題をはじめとする環境問題解決の第一歩となるよう、ご協力をお願いします。

 

レジ袋削減の効果

●ごみの減量化

 家庭ごみにおけるレジ袋の割合は重量比で1%と言われています。不要なレジ袋を断ることで、ごみの量を減らすことができます。

 

●石油資源の消費抑制

 レジ袋1枚に約8.2㎖の原油が使われています。レジ袋を減らすことで、貴重な資源である原油を大事に使うことができます。

 

●地球温暖化の防止

 レジ袋の生産から処理段階まで二酸化炭素(CO2)が排出されています。レジ袋を減らすことで、CO2の排出量を減らし、温暖化を防止することができます。

 

●海洋プラスチックごみの削減

 世界全体では毎年約800万トンものプラスチックごみが海洋へ流出していると推計されています。このままでは、2050年には海洋における魚の重量をプラスチックごみの重量が上回ってしまうという予測まであります。

 

●使い捨てライフスタイルの見直し

 不要なレジ袋を断ることは、普段の生活の中でだれでもすぐに取り組むことができます。

 また、『使い捨てライフスタイル』から『資源を大切にするライフスタイル』へ見直すきっかけになります。

 

レジ袋問い合わせ先

山鹿市におけるレジ袋削減に関する協定

 山鹿市では平成25年から市内の事業者とレジ袋削減に関する協定(A協定・B協定)を締結し、協働しながらレジ袋の削減に取り組んできました。

 全国一律のレジ袋有料化に伴い、協定は役割を終えましたが、これまでA協定締結店7店舗、B協定締結店15店舗にご協力をいただきました。

 

≪A協定≫

レジ袋無料配布の中止等の取組みにより、マイバッグ持参率80%以上を目指し、レジ袋削減を推進。

・株式会社ゆめマート(ゆめマート山鹿店・ゆめマート東山鹿店)

・鹿本農業協同組合(夢大地食菜館本店・夢大地食菜館米田店・夢大地食菜館三岳店)

・マックスバリュ九州株式会社(マックスバリュ山鹿店)

・(株)プラザコンダクター ふるさと市場

 

≪B協定≫

マイバッグ持参を呼びかけ、レジ袋削減に向けた取組みによりマイバッグ持参率30%以上を目指し、レジ袋削減を推進。 

・共同組合鹿本ショッピングセンター(ショッピングセンターリオ)

・有限会社フードサービスむらかみ

・スーパーミカエル山鹿店

・株式会社セブン‐イレブン・ジャパン

 (山鹿大橋通店・山鹿坂田店・山鹿古閑店・山鹿嶋の本店・鹿本御宇田店・鹿本高橋店)

・株式会社デイリーヤマザキ(デイリーヤマザキ熊本山鹿店)

・鹿央物産館

・道の駅鹿北小栗郷

・あんずの丘あぷりぃ

・JAファーマーズマーケット夢大地館

・水辺プラザかもと
 

お問い合わせ先

環境課

電話番号:
(環境政策係)0968-43-7211 (廃棄物対策係)0968-43-7211 (環境センター)0968-41-8686
ファックス番号:
0968-43-1170 (環境センターFAX:0968-41-8687)
メールアドレス:
kankyoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?