新型コロナウイルス感染症に係る介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、次の要件を満たす方は、申請により介護保険料の全部又は一部が減免となります

 

【減免の対象となる方】

(ア)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な疾病を負った第1号被保険者

(イ)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれ、次のa・bの両方の要件に該当する第1号被保険者

  ・世帯の主たる生計維持者の収入等の要件について

   a 事業収入等(事業、不動産、山林、給与)のいずれかについて、令和2年中の収入が前年の3割以上減少する見込みである

   b 収入減少が見込まれる事業収入等以外の、前年(令和元年中)の所得の合計額が400万円以下である

 

 ※「重篤な疾病」とは1ヶ月以上の治療を有すると認められるなど、新型コロナウイルス感染症の症状が著しく重い場合をいいます

 ※事業とは、農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業をいいます

 ※収入減少が見込まれる事業収入等の令和元年中の所得が0以下のとき(収入より経費が多いとき)は、(イ)の減免には該当しません

 

【減免額の算出方法】

 上記の【減免額の算出方法】

 (ア)に該当する場合 100分の100

 (イ)に該当する場合 対象保険料額(A×B÷C)×減免の割合(D)

    〈表1〉で算出した減免対象保険料額に、〈表2〉の前年の合計所得金額の区分に応じた減免の割合を乗じた金額

 

〈表1〉 減免対象保険料額(A×B÷C)

A:第1号被保険者の保険料額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額(複数ある場合はその合計額)
C:世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額

 

〈表2〉 減免の割合(D)

主たる生計維持者の

前年の合計所得金額

減免の割合
200万円以下であるとき 100分の100
200万円を超えるとき 100分の80

※主たる生計維持者(世帯主)の事業等の廃止や失業の場合には、〈表2〉の合計所得金額区分にかかわらず、100分の100

 

確認に必要な書類など】

上記の【減免の対象となる方】

 (ア)に該当する場合      《 医師による死亡診断書や診断書等 》

 (イ)に該当する場合

  ・主たる生計維持者の《 帳簿、通帳、収支内訳書など、令和2年中の減少した収入状況がわかる書類 》

 

※令和元年中の収入状況等の確認について

  ・確定申告や住民税申告が済んでいる場合は、確定申告書の写し等は省略可能です

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

長寿支援課

電話番号:
0968-43-1180(長寿総務係)
ファックス番号:
0968-43-1170
メールアドレス:
cyouju@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?