ロタウイルスワクチンの定期接種が始まります【令和2年10月1日から】

 令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチンの定期接種(無償)が始まります。

 

ロタウイルスとは

 ロタウイルスは急性の胃腸炎の原因となるウイルスの一つで、乳幼児期にかかりやすい病気です。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛です。ロタウイルスワクチンの接種を受けることで重症化予防にも効果があるとされています。

 

 

対象者 

 接種日時点で山鹿市に住民登録がある令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

ただし、次に該当する方は対象外です。

・腸重積症の既往歴のある方

・未治療の先天性消化管障害を有する方

・重症複合型免疫不全(SCID)を有する方

 

 

接種費用

 無料(令和2年10月1日以降の接種の場合)

 【注意】令和2年8月1日以降に生まれたお子さんでも、9月30日までの接種については定期接種とはならず、接種金額の返金はありません。また、7月31日以前に生まれたお子さんについては、10月以降に接種する場合でも定期接種になりません。

 

 

ワクチンの種類と接種回数 

 ロタウイルスワクチンは「口から飲む」ワクチンです。ワクチンには、ロタリックスとロタテックの2種類がありますが、有効性及び安全性に差はないとされています。

 接種を受けるに当たっては、必要回数分を全て同一のワクチンで受ける必要があるため、どちらのワクチンで接種を受けるかは医師へご相談ください。

※初回接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。

※1回目と同じワクチンで接種を完了してください。

 

ワクチンの種類

対象年齢

接種回数

ロタリックス

(1価ワクチン)

生後6週~24週

27日以上の間隔をおいて2回

ロタテック

(5価ワクチン)

生後6週~32週

27日以上の間隔をおいて3回

 

副反応

 下痢・嘔吐・発熱・胃腸炎・腸重積

 

 

実施医療機関 

市内実施医療機関については別添「ロタウイルスワクチン接種医療機関一覧」をご確認ください。

※県外の医療機関で接種する場合は事前に健康増進課までご相談ください。

 

 

接種時の持ち物

 ・母子健康手帳

 ・予診票(生後1カ月~2カ月頃に保健師が行う赤ちゃん訪問に伺う際にお渡しします。)

 

厚生労働省ホームページ(リンク)

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

健康増進課

電話番号:
0968-43-0050
ファックス番号:
0968-43-1164
メールアドレス:
kenkoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?