被災者生活再建支援金の支給対象が拡大されました

令和2年12月4日に被災者生活再建支援法が改正され、被災者生活再建支援金の支給対象区分として「半壊世帯のうち大規模半壊世帯に至らないが相当規模の補修を要する世帯(中規模半壊世帯)」が追加され、被災者生活再建支援金の支給対象が拡大されました。

 ※令和2年7月豪雨から適用されます。

 

 

制度の内容

  

被災世帯の区分 損害割合 支援金の支給額
基礎支援金

 加算支援金 

 住宅の再建手段 

支給額

全壊 50%以上 100万円

 建設・購入 

200万円

補修

100万円

賃借

50万円

大規模半壊 40%台 50万円 建設・購入 

200万円

補修

100万円

賃借

50万円

中規模半壊

(追加)

30%台 建設・購入

100万円

補修

50万円

賃借

25万円

世帯人数が1人の場合は、各該当欄の金額の3/4の額

 

  

中規模半壊の判断基準

 

※令和2年7月豪雨の該当世帯へは、別途通知を郵送しています。

 

  1. 自治体の担当者から「中規模半壊」の連絡があった場合

 (被害認定調査の際に、住宅内部への立ち入りがあり、部位による判定おいて、損害割合が30%以上40%未満だった場合)

  1. 浸水深判定を行った場合(住宅内部への立ち入りがなかった場合)で、以下の条件を満たす場合

 1階の過半の内壁及び建具が再使用不可能な場合

 内壁については内部の状況が把握できない場合もあることから、以下の目安参考に「再使用不可能な程度」を判断してください

  • 内壁面へ汚泥の付着など相当の汚損が見られ、内壁内部まで吸水している場合
  • 内壁面に、浸水痕とは別に、吸水等によるシミ・汚損・カビ等が見られる場合

 

 

 支援金申請手続きについて

 

申請窓口:山鹿市役所 福祉課

申請に必要なもの:福祉課(TEL:0968-43-1167)までお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ先

防災監理課

電話番号:
(防災係)0968-43-1113 (監理契約係)0968-43-1113
ファックス番号:
0968-44-0373
メールアドレス:
bousai@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?