チブサン古墳・鍋田横穴群国史跡指定100周年記念シンポジウムの開催について

山鹿市を代表する装飾古墳であるチブサン古墳と鍋田横穴群は、大正11年(1922)に国の史跡に指定され、令和4年(2022)で100年目を迎えます。この節目の年にあたり、多くの方に装飾古墳の価値と重要性について理解していただき、これからも地域の宝として守り伝えていく機運を高めるため、記念シンポジウムを開催します。

日時

令和4年11月3日(木・祝)文化の日 13:30開始 

 会場

山鹿市民交流センター 文化ホール(山鹿市役所隣接) ※定員400名

 

内容

  1. 基調講演「装飾古墳と洞窟壁画ー未来に伝える原始美術ー」   

  九州国立博物館 学芸部長 河野一隆氏

 

  1. 事例発表「装飾古墳の保存事業、活用事業について」

 

(1)「井寺古墳ー平成28年熊本地震の被害とその後わかったこと」 

  嘉島町教育委員会 社会教育課 橋口剛士氏

 

(2)「装飾古墳の保存と公開ー装飾古墳モニタリングの実践ー」

  熊本県立装飾古墳館 学芸課長 坂口圭太郎氏

 

(3)「山鹿市チブサン古墳・鍋田横穴群」

  山鹿市教育委員会 社会教育課 佐治健一

 

  1. パネルディスカッション 30分

  コーディネーター(基調講演者)、パネリスト(事例発表者)による装飾古墳の価値と保存の取り組み、後世に残す意義 など

 

参加申込

電話(0968-43-1145 山鹿市立博物館)、申し込みフォーム(下記)で受け付け開始(先着順)

https://logoform.jp/f/6Gixr

※開催日1週間前までに参加票を返送します

 

協力

肥後古代の森協議会、菊池川流域日本遺産協議会

 

日程や内容を変更することがあります。

装飾古墳国指定100周年記念 チラシ

お問い合わせ先

山鹿市立博物館(月曜休館・月曜が祝日の場合、翌日休館)

電話番号:
0968-43-1145
ファックス番号:
0968-43-1143
メールアドレス:
shakyo@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?