山鹿市建築物耐震改修促進計画

山鹿市建築物耐震改修促進計画

 

策定の背景と目的

 

平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災では、約6,400人の尊い命が奪われました。犠牲者のうち約8割の人が、住宅や建築物の倒壊によるものでした。

この震災では、昭和56年に改正された建築基準法による新耐震基準を満たしていない建築物に被害が集中したと言われています。このような背景から、平成7年12月には「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が施行されました。

 しかしながら、新潟県中越地震(平成16年10月発生)、福岡県西方沖地震(平成17年3月発生)、岩手・宮城内陸地震(平成20年6月発生)、沖縄本島近海地震(平成20年7月発生)など、これまで地震が少ないといわれてきた地域で大規模な地震が発生し、多くの住宅・建築物が被害を受けています。

熊本県においても、布田川・日奈久断層帯をはじめ、数多くの活断層が縦横断しており、いつ大規模な地震が発生してもおかしくありません。

このように大規模地震の発生が危惧される中、速やかな地震防災対策の推進が望まれますが、地震による住宅や建築物の倒壊を防ぐためには、耐震性を的確に把握し、必要に応じて耐震改修等を行うなど耐震化を進めることが重要です。

山鹿市におきましても、大規模な地震はいつ発生するかわかりません。そのため、住宅や建築物の耐震化を促進し、密集市街地の延焼防止など市民の生命や財産を守るため、「熊本県建築物耐震改修促進計画」で定められた内容を踏まえ、具体的な耐震化の目標及び目標達成のために必要な施策を定める「山鹿市建築物耐震改修促進計画」を策定しました。

 

 

 

●公開資料  山鹿市建築物耐震改修促進計画

       

        表紙及び目次                     [PDF:0.07MB]

        計画内容                       [PDF:0.43MB]

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

都市計画課

TEL:
0968-43-1591
Mail:
toshikei@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?