このページの本文へ移動
  1. トップページ >
  2. 教育・文化・スポーツ >
  3. 文化 >
  4. 菊池川流域のストーリが日本遺産に認定されました

菊池川流域のストーリーが日本遺産認定されました!

くす玉割り

 

 

 菊池川流域4市町(玉名市・山鹿市・菊池市・和水町)は熊本県の協力のもと、「二千年にわたる米作り」をテーマにストーリーを作成し、平成29年2月に日本遺産の申請を行いました

 (※日本遺産とは … 日本の文化伝統を語るストーリーを「日本遺産」として認定し、国内外に打ち出し、観光など地域活性化につなげていくというもの。文化庁が平成27年度に創設。全国で54件が認定され、熊本県からは人吉球磨地域が認定されている。2020年(東京オリンピック)までに、全国で100件程度の認定が予定されている。)

 

 平成29年4月28日付けで文化庁より審査結果が公表され、今回見事に菊池川流域のストーリーが日本遺産に認定されました。

 

 今後はより一層3市1町の連携を深め、二千年にわたり継承されてきた米作り文化を、菊池川流域ならではの魅力として国内外に広く発信し、この地域の活性化につなげてまいりたいと思います。

 皆様のご理解ご支援のほどをどうぞよろしくお願いいたします。

タイトル

米作り、二千年にわたる大地の記憶 ~菊池川流域「今昔『水稲』物語」~

 

ストーリーの概要

 菊池川(きくちがわ)流域には、二千年にわたる米作りによる大地の記憶が残っている。
 平地には古代から受け継がれた条里、山間には高地での米作りを可能にした井手(いで)(用水路)と棚田、そして海辺には広大な耕作地を生み出した干拓。
 米作りを支えた先人たちによる土地利用の広がりが、今も姿を留め、その全てをコンパクトに見ることができる。更に賑やかな祭りや豊かな食という無形の文化も息づくなど、菊池川流域は古代から現代までの日本の米作り文化の縮図であり、その文化的景観や米作りがもたらした芸能・食文化に出会える稀有な場所なのである。
 

 

ストーリーの詳細は下記ダウンロードファイルをご参照ください

菊池川流域 日本遺産
菊池川流域日本遺産認定推進協議会(事務局 山鹿市教育委員会社会教育課)
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページのお問い合わせ先
教育委員会 社会教育課
電話番号:0968-43-1651
FAX番号:0968-43-1218
メールアドレス:shakyo@city.yamaga.kumamoto.jp
このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?