各種計画

山鹿市一般廃棄物処理基本計画

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第6条の定める一般廃棄物の処理に関する計画として、平成23年3月に策定した山鹿市一般廃棄物処理基本計画を改訂し、平成26年3月に策定しました。

1 基本理念
「資源循環型社会の構築」
「生活雑排水の適正処理による生活環境の向上と水資源の保全」

2 基本方針
(1)循環型社会形成推進基本法における廃棄物等処理の優先順位に基づいた、ごみの発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)、に取り組む。さらに、いらないものは断る(リフューズ)を含めた4Rを推進し、環境に配慮したライフスタイルへの転換を目指します。

(2)収集・運搬のシステムをリサイクルがより促進される体制に拡充します。特に燃やすごみの中には、資源化できるものが含まれていることから啓発活動を通した分別の徹底によるリサイクルの推進を図ります。また、適正な収集・運搬や処理体制の構築に努め、ごみ処理に係る費用の削減を目指します。

(3) 生活排水処理は、公共下水道事業、農業集落排水事業等及び合併処理浄化槽設備整備事業を効果的に組み合せながら、総合的かつ一体的な適正処理を推進します。また、事業推進にあたっては、住民の理解と協力が必要であることから、水質及び水環境保全に対する住民意識の啓発に取組むものとします。

 

山鹿市一般廃棄物処理実施計画

山鹿市一般廃棄物処理実施計画は、長期計画である山鹿市一般廃棄物処理基本計画の下位計画として、毎年度のごみ処理及びし尿処理の実施についてその年の廃棄物処理量や実施する事業について定めているものです。

 

第7期山鹿市分別収集計画

第7期山鹿市分別収集計画は、容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)第8条の定めにより、容器包装廃棄物の3Rの推進と廃棄物の減量等を目指すため、どのうような取り組みを進めるかの5年計画で3年ごとに改定します。

 

山鹿市循環型社会形成推進地域計画

廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を総合的に推進するため、平成17年度に創設された国の「循環型社会形成推進交付金制度」により交付金を受けるために必要な計画です。
計画にあたっては、概ね5か年程度の廃棄物処理施設、リサイクルシステム等の方向性を示すとともにごみ量やリサイクル率などの目標値を設定し、具体的な施策を講じて施設などの整備を図るものです。

 

 

 

 

 


 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

環境課

電話番号:
(環境政策係)0968-43-7211 (廃棄物対策係)0968-43-7211 (環境センター)0968-41-8686
ファックス番号:
0968-43-1170 (環境センターFAX:0968-41-8687)
メールアドレス:
kankyoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?