山鹿市内事業所の事業系一般廃棄物の処理方法について

事業系ごみの処理責任

 事業活動に伴って発生するごみは、排出事業者が責任を持って適正処理をしなければならないと、法律等によって定められています。その処理を処理業者に委託する場合でも、廃棄物が適正に処理するまで(最終処分又は再生)の責任は排出事業者が負わなければなりません。

◎ 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第3条(事業者の責務)

◎ 山鹿市廃棄物の処理及び清掃に関する条例第6条(事業者の責務)

 

環境センターへの受け入れ基準(事業系一般廃棄物) 

 搬入できる燃やすごみは、産業廃棄物を除く「厨芥類」「紙くず」「木くず・草」などとなります。

 なお、山鹿市内の事業所向けに事業系一般廃棄物の処理方法を記載した資料を作成しましたので、この資料を基に適正な処理をお願いします。

 

 

搬入物検査の実施

 環境センターへ搬入される一般廃棄物のうち、焼却に適さない大きさのものや有害性、危険性があるもの、産業廃棄物などの搬入不適物の搬入を防止するため、搬入物検査を不定期に実施します。

 搬入不適物があった場合は、搬入者(一般廃棄物収集運搬許可業者も含む)から事情聴取のうえ指導を行なうとともに、排出者に対して、廃棄物の適正処理などについて啓発指導を行ないます。なお、搬入不適物については、搬入者自らお持ち帰りいただきます。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

環境課

電話番号:
(環境政策係)0968-43-7211 (廃棄物対策係)0968-43-7211 (環境センター)0968-41-8686
ファックス番号:
0968-43-1170 (環境センターFAX:0968-41-8687)
メールアドレス:
kankyoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?