風しんの追加的対策(風しん抗体検査・風しんの第5期定期接種)について

 予防接種法に基づき、1962(昭和37)年4月2日から1979(昭和54)年4月1日までの間に生まれた男性の方は令和4年3月31日までの3年間に限り、風しん抗体検査・予防接種を公費で受けることができます。
風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症で、飛沫感染によりヒトからヒトに感染します。2~3週間の潜伏期間の後、発熱や発しん、リンパ節の腫れなどの症状が出ます。妊娠20週頃までの妊婦が感染すると、胎児に先天性風しん症候群(心疾患、難聴、白内障等の障がい)を引き起こすおそれがあります。
無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

 

抗体検査・予防接種

対象者
 山鹿市に住民登録があり、1962(昭和37)年4月2日から1979(昭和54)年4月1日生まれまでの男性

 

クーポンの発行
 令和元年度は、1972(昭和47)年4月2日から1979(昭和54)年4月1日生まれまでの男性の方に、抗体検査・予防接種クーポン券を一斉発送しました。
 ※令和元年度にクーポン券が送付されない方(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性)も、希望すればクーポン券を発行して抗体検査・予防接種を受けられます。
 ※クーポン券の紛失または転入の方については、事前に山鹿市役所健康増進課(電話:0968-43-0050)までご連絡ください。(検査前・接種前に限る)
 ※抗体検査・予防接種を受ける時はクーポン券が必要です。クーポン券がなければ公費で受けることはできません。
 

実施期間
 【令和元年度】抗体検査・予防接種:平成31年4月1日から令和2年3月31日まで
 ※令和2年4月以降も令和4年3月まで継続実施します。
 

費用
 無料(クーポン券の提示が必要)

 

受診時の持ち物
【抗体検査】
 ・市が発行しているクーポン券
 ・本人確認書類(運転免許証・保険証等)
 ・風しんの抗体検査受診票(クーポン券と一緒に同封しています。)

 

【予防接種】
 ・市が発行しているクーポン券
 ・本人確認書類(運転免許証・保険証等)
 ・風しん抗体検査受診票等の風しんの抗体価が低いと判定された書類

 ※本事業とは別に、平成26年4月1日以降に風しんの抗体検査を受けた方は、抗体検査が省略できる場合がありますので、結果をご持参ください。

 

受け方
(1)市からクーポン券を受け取ります。
(2)クーポン券を持参し、抗体検査実施医療機関(実施医療機関一覧)に予約をし、抗体
  検査を受けます。
(3)抗体検査の結果、医師に抗体が低いと判定された場合は、予防接種が必要です。
  別表(風しん抗体検査方法・抗体価基準表)
(4)予防接種の予約をします。下記「受診時注意事項」を読みます。
(5)(3)で受け取った抗体検査の結果、予防接種クーポン券、本人確認書類(運転免許証・    
  保険証等)を持参し、予防接種を受けます。

 

その他
 • 各医療機関にあるワクチンの在庫状況や予約状況は、市では把握しておりません。
 • 抗体検査の結果予防接種を受けることになった方は、次をご覧ください。
  「受診時注意事項」

 

予防接種健康被害救済制度
 予防接種法に基づく定期の予防接種を接種し、接種後に重い副反応を疑う症状がみられた場合を健康被害と呼んでいます。健康被害が発生した場合は健康被害に関する請求ができます。
 ただし、接種した予防接種と健康被害の因果関係があると厚生労働大臣が認定した場合のみ健康被害に対する給付を受けることができます。

 

制度についての詳細
 制度についての詳細は、以下をご覧ください。
 • 厚生労働省 風しんの追加的対策について (外部リンク)
 • 厚生労働省 風しんについて (外部リンク) 
 

実施医療機関の方へ
 抗体検査・予防接種の際には次の受診票・予診票をご利用ください。

 ・風しんの抗体検査受診票及び風しんの5期の予防接種予診票 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

健康増進課

電話番号:
0968-43-0050
ファックス番号:
0968-43-1164
メールアドレス:
kenkoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?