弁慶ヶ穴古墳(べんけいがあなこふん)

 

弁慶ヶ穴古墳内部(馬や船の装飾)をVRで見よう!

下の外部リンクをクリック!

 

 

弁慶 舟

所在地   山鹿市熊入町字竹の下

指定年月日 昭和31年12月28日(国史跡)

説明    古墳時代後期(6世紀)末頃に造られた装飾古墳

 

古墳の概要

 弁慶ヶ穴古墳は、古墳時代後期の終わり頃(6世紀末ごろ)に造られたお墓です。古墳の形は円墳で、その内部に巨石を組み合わせて造った石の部屋(石室ーせきしつ)があります。
 石室の内部には、馬や船などの絵が一面に描かれています。色は赤が主ですが、白や灰色も使われています。
 チブサン古墳と同様に、わが国を代表する装飾古墳の一つです。

 現在は、壁画保護のため一般の公開は行っておりません。熊本県立装飾古墳館で、実物大のレプリカが展示されていますので、ぜひそちらをご覧下さい。(下記リンクを参照ください)

弁慶 馬

 

弁慶ヶ穴古墳は菊池川流域日本遺産の構成文化財の一つです。

お問い合わせ先

教育委員会 社会教育課

電話番号:
0968-43-1651
ファックス番号:
0968-43-1218
メールアドレス:
shakyo@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?