水道水に関する身近な情報

~水道水をもっとおいしく飲むには~

 安全で安心な水を各家庭へお届けするために、水道水は塩素で消毒されています。
塩素のにおいが気になる方は、次の方法をお試しください。

塩素のにおいを消すには・・・

1.水を沸騰させたら、弱火で5分以上沸かし続けてください。

 水を沸騰させることで塩素のにおいを取り除くことができます。

2.コップ1杯に2~3滴程度のレモン汁を入れてから飲んでみてください。

 レモン果汁を入れるとビタミンCが塩素をなくし、風味もよくなります。

 水の温度は、水のおいしさを決める重要な要素だといわれています。

水温が10℃~15℃の時が最もおいしく感じられるそうです。

夏場など生ぬるく感じるときは冷蔵庫で冷やすことで美味しく感じられ、

塩素のにおいもやわらぎます。


においなどが気になる場合は、このような方法をお試しください。

 ※塩素の無くなった水は雑菌が増えやすいので、早めに使い切ってください。

 

~水道水の濁りについて~

 

 ○赤く濁ったとき

 水道水が赤く濁る場合のほとんどは、古くなった水道管の鉄さびが原因です。

水道工事や洗管作業などで断水したときや、長時間水道を使用されなかったとき、

たくさんのご家庭などで同じ時間に一斉に水を使用されたときなどに起こりやすくなります。

 このように赤い水がでたときは、すぐに水道局へご連絡ください。

赤水が出なくなるまで十分に水道本管を洗い流します。


 ※鉄は人体にとって重要な必須元素の一つです。鉄による赤水を少量飲んでも

人体への吸収率が低く、大部分が排出されます。

 

 

 ○白く見えるとき

 コップや鍋に水をくんだとき、水道水が白っぽく見えることがあります。

 これは、水圧などの関係で水道管に入った空気が細かい泡となって

白っぽく見えるためです。水をくんでから少し時間をおくと、泡が消えて

無色透明になります。


 ※時間をおいても、白い色がとれないときは、水道局へご相談ください。

 

~水道水中の異物について~

 

 ○やかんやポットの内側に白いものが付着する

水道水には、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分が含まれています。

やかんやポットなどの水が、蒸発、乾燥を繰り返すことで、ミネラル分が白い

固形物となって付着することがありますが、ミネラル分は人体に必要な栄養

素なので、健康上心配はありません。

 

 

○お風呂などに水をためたときに赤褐色の異物がある

 水道管の中に付着した鉄サビが、流速の変化等によりはく離し、流出することが

あります。

 鉄は、人体に必要な栄養素で、少量であれば摂取しても大部分が排泄されます

 また、対策としては出し始めの水を飲用以外に使うことや水道管の取替えなどが

有効とされています。

 山鹿市水道局では、平成21年度から中村配水区内(山鹿保育園周辺~

市役所周辺~水道局周辺)の古くなった水道本管の更新工事を行っています。


 

 

 

お問い合わせ先

水道課

電話番号:
0968-36-9119
メールアドレス:
suidoh@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?