介護保険住宅改修を行う前に

介護保険住宅改修の仕組み

在宅の要介護者の方が現在住んでいる家において手すり等の改修を行った場合に、介護保険から住宅改修費ついて償還払いされます。

住宅改修を行う場合は、利用者の皆様に、適切な住宅改修が行われるように、山鹿市介護保険住宅改修の流れに沿って進めてください。


住宅改修費の対象となる住宅改修

●手すりの取り付け、段差の解消、引き戸等への扉の取替え、滑り止めの防止・移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更、洋式便器への便器の取替え、その他上記の住宅改修に付帯して必要な住宅改修



住宅改修費の支給限度額

要介護度にかかわらず20万円です。自己負担額は1割負担ですので、支給額は9割となり、最高支給額は18万円となります。

但し、転居された場合や最初の住宅改修着工日から要介護度が3段階以上に重くなった場合は、改めて住宅改修費の支給が認められます。



工事に必要な書類は

山鹿市住宅改修事前申請書、住宅改修が必要な理由書(ケアマネジャーが作成します)、見積書、見積額内訳書(工事を行う箇所、内容、規模等が記載されているもの)、図面等、施工前の写真、住宅改修後の完成予定状態がわかるもの)、住宅改修承諾書(必要時のみ)、他に介護サービスの利用があればケアプランの写し



工事完了に必要な書類

住宅改修費支給申請書、領収書(宛名は被保険者本人のフルネームで)、工事内訳書、工事施工後の写真



住宅改修工事前に改修内容の確認をおこないます

まず、書類によるチェックを行います

住宅改修の事前申請書類は、すべて確認をおこないます。また、改修工事の内容については、事業所へお問い合わせを行うこともあります。

改修箇所などを確認する訪問を行います

書類による確認をおこなった後、ケアマネジャーと同伴で利用者の方のお住まいに訪問し、直接確認をおこないます。場合によっては、改修工事事業所のかたもお呼びします。この場合は、ケアマネジャーの方を通じて、利用者の方等に必ずご連絡し、訪問させていただきます。



諸注意事項

住宅改修の対象となる家は、介護保険被保険者証に記載されている住所となります。

新築、増改築工事は対象外となります。

工事終了後、添付書類がそろった時点で、審査を行い、支給額を決定します。支給は申請された月の約2ヵ月後となります。振込み日の約1週間前に、被保険者宛に「支給決定通知書」を郵送します。

申請は、領収日より2年以内に行ってください。それを過ぎると時効により、請求権が消滅してしまいます。



受付窓口

長寿支援課 介護サービス係 または、各市民センター 介護保険担当


 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

長寿支援課

電話番号:
(長寿総務係)0968-43-1180 (介護サービス係)0968-43-1180 (地域包括支援係)43-1077
ファックス番号:
0968-43-1170 (地域包括支援係は0968-43-1164)
メールアドレス:
cyouju@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?