軽自動車税(種別割)

当ページでは、令和元年10月1日現在の法令に基づく情報を掲載しています。

 

 軽自動車税(種別割)は、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車・二輪の小型自動車(これらを軽自動車等といいます。)の所有者(使用者)に対して課税される税金です。

 

納税義務者

 毎年4月1日現在、市内に「主たる定置場所」※がある軽自動車等の所有者です。なお、割賦(所有権保留付)販売されている軽自動車については、買主が所有者とみなされます。

 なお、軽自動車税(種別割)には月割課税制度はありませんので、4月2日以降に譲渡や廃車等の申告をされても、その年度分の税金は全額納めていただくことになります。 

 ※「主たる定置場」とは
(1)原動機付自転車や小型特殊自動車
  ・所有者が個人である場合は、その住所地
  ・所有者が法人である場合は、その車両を使用する事務所の所在地
(2)軽自動車や二輪の小型自動車
  ・軽自動車届出済証または自動車検査証を交付された場合は、その届出済証または自動車検査証に記載された使用の本拠の位置
  ・上記以外の場合は、その所有者の住所地

 

税率

原付及び二輪車、小型特殊自動車の税率は下表のとおりです。  

※原動機付自転車や125ccを超えるバイク、小型特殊自動車等の税額は、年式や購入時期に関係なく平成28年度から税額が変更されました。

車種区分 税率(年額)
平成28年度から

原動機付自転車

 50cc以下

総排気量が50cc以下または

定格出力が0.6kw以下のもの

2,000円

90cc以下

総排気量が50cc超~90cc以下または

定格出力が0.6kw超~0.8kw以下のもの

 2,000円

125cc以下

総排気量が90cc超~125cc以下または

定格出力が0.8kw超~1.0kw以下のもの

2,400円
ミニカー

3輪以上

総排気量が20cc超~50cc以下または

定格出力0.25kw超~0.6kw以下

輪距が0.5mを超えるもの

3,700円
 軽二輪

総排気量が125cc超~250cc以下のもの

トレーラーなど

 3,600円
小型特殊自動車 農耕用

農耕作業用の農耕用トラクタ、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機等で乗用装置のあるもの

車体の大きさに関係なく最高速度35km/h未満のもの

2,400円
その他

農耕作業用以外のフォークリフト、ショベルローダ、タイヤローラ、ロードローラ、グレーダ、ロードスタビライザ、林内作業車、草刈作業車等

長さ4.70m以下、幅1.70m以下、 高さ2.80m以下に該当するもののうち、 最高速度15km/h以下のもの

5,900円
 二輪の小型自動車

総排気量が250ccを超えるもの

 6,000円

 

軽3輪および軽4輪の税率は下表のとおりです。

車種区分

税率(年額)

平成27年3月31日までの
新規登録車

平成27年4月1日以降の
新規登録車 ※注1

新規登録後13年を超える軽自動車
※注2

軽四輪

貨物用

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

乗用

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

軽三輪

3,100円

3,900円

4,600円

 ◎新規登録年月は、車検証上部の「初度検査年月」にて確認できます。

 

※注1

 

 

 平成31年4月1日から令和3年3月31日までに新規取得した車両(初度検査年月が平成31年4月~令和3年3月)で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、令和2年度、3年度分の軽自動車税の税率を軽減する特別措置(いわゆる「軽自動車税のグリーン化特例(軽課)」)の対象となります。詳しくは、こちら(リンク:軽自動車税のグリーン化特例(軽課))をご覧ください。

※注2

 

 動力源または、内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車及被けん引車は、重課税率の対象外です。

  

納税の方法

 軽自動車税(種別割)は、口座振替利用の方を除き、市役所から送付した納税通知書(納付書)により5月末日までに納めていただくことになっています。

 なお、軽自動車税(種別割)は、4月1日現在軽自動車等を所有している者に課税され、また、自動車税とは異なり月割課税制度がありませんので、4月2日以降廃車などをされても、その年度分の税金は全額納めていただくことになります。

 

申告(手続き)

 軽自動車等の所有者となった場合は15日以内、軽自動車等を廃車・売却した場合は30日以内に次の手続をしてください。

車  種

申告する場所

申告内容

手続きに必要なもの

原動機付自転車

(排気量125cc以下)

 

小型特殊自動車

(農耕作業用等)

本庁市民課窓口

43-1169

 

各市民センター窓口 

鹿北 32-3111 

菊鹿 48-3111 

鹿本 46-3111 

鹿央 36-3111

購 入

所有者の印鑑・販売店の証明(販売証明)

転 入

●前住所地で廃車手続きが済んでいる場合

所有者の印鑑・廃車証明・車体番号が確認

できる書類(自賠責保険証など)

●前住所地で廃車手続きが済んでいない場合

所有者の印鑑・ナンバープレート・車体番号が

確認できる書類(自賠責保険証など)

名義変更(譲渡)

新、旧所有者の印鑑・ナンバープレート

廃 車(転出)

所有者の印鑑・ナンバープレート

排気量の変更

所有者の印鑑・ナンバープレート

※50cc、90cc等の総排気量区分に変更がある

もの

軽2輪

(排気量125cc超250cc以下)

軽自動車検査協会

050-3816-1758

軽自動車協会

096-369-6829 

096-369-7920

左記へお問い合わせください

軽3輪・軽4輪

(排気量660cc以下)

2輪の小型自動車

(排気量250cc超)

熊本運輸支局

050-5540-2086

左記へお問い合わせください

 

申請書ダウンロード(原動機付自転車及び小型特殊自動車)

 1.購入・転入・名義変更(譲受)・内容の変更の申請の場合

 2.廃車・転出・名義変更(譲渡)の申請の場合

 

軽自動車税(種別割)の減免

身体障害者等に対する減免

 一定の障害を有する者が使用する軽自動車等や、身体に障害を有し歩行が困難な障害者と生計を一にする者で常時介護する者が所有する軽自動車については、申請により軽自動車税(種別割)が減免される場合があります。
 ただし、減免を受けることができるのは、一人の身体障害者等について自動車税及び軽自動車税を含め1台限りです。
 したがって自動車税(種別割)で減免を受けた人は、軽自動車税(種別割)の減免を受けることはできません。

 

福祉車両に対する減免

 身体障害者のために特別の仕様がされた軽自動車については、申請により軽自動車税(種別割)が減免されます。

 

  詳しくはこちら(リンク:軽自動車税の減免について)をご覧ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

税務課 市民税係

電話番号:
0968-43-1120
ファックス番号:
0968-43-1170

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?