70歳から74歳までの方(高齢受給者)

70歳になった方(一定の障がいがあり、すでに後期高齢者医療制度に該当している方を除く。)は、75歳になって「後期高齢者医療制度」に切り替わるまでの70歳から74歳までは、「高齢受給者証」の機能が追加された新たな保険証が交付されます。

 

【対象と期間】

70歳の誕生日前日の属する月の翌月から(1日生まれの方は誕生日月から)75歳の誕生日前日まで。

ただし、一定の障がいに該当した方は75歳前でも「後期高齢者医療制度」に加入できます。

 

【負担割合】 

70歳~74歳

昭和19年4月1日以前

生まれの方

昭和19年4月2日以降

生まれの方

現役並み

所得者※1

1割 2割 3割

 

 

【限度額】

所得区分 自己負担限度額

外来(個人単位)

入院・世帯単位

現役並み所得者※1

【3】(課税所得690万円以上)

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

<多数回該当:140,100円>

【2】(課税所得380万円以上)

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

<多数回該当:93,000円>

【1】(課税所得145万円以上)

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

<多数回該当:44,400円>

一般

(課税所得145万円未満等)

18,000円

(年間限度額144,000円)

57,600円

<多数回該当:44,400円>

低所得II※2 8,000円 24,600円
低所得I ※3 15,000円

 

※1 同一世帯に70歳以上の国保被保険者で、一定以上の所得(市民税の課税所得145万円以上)がある方が、1人でもいる世帯。

 ただし、高齢者の収入金額が一定額未満(高齢者1人の場合:年収383万円未満、2人以上の場合:合計の年収が520万円未満)である旨の申請があった場合を除きます。

 

※2 市民税非課税世帯

 

※3 市民税非課税世帯で、必要経費・控除分を差し引いた所得が0円の世帯

 

 

【高齢受給者証の交付】

70歳を迎える誕生月の下旬までに、高齢受給者証の機能を追加した保険証を簡易書留で郵送します。誕生月の翌月から(1日生まれの方は誕生日の月から)は、新しい保険証を医療機関等の窓口で提示してください。

 

お問い合わせ先

国保年金課

電話番号:
(国民健康保険係)0968-43-1527 (後期医療年金係)0968-43-1576
ファックス番号:
0968-43-1170
メールアドレス:
kokuho@city.yamaga.kumamoto.jp

このページについて、ご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?